アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のベル・クラネル好意を抱いている女性についてまとめています。

主人公のベルが冒険者になってから多くの女性と出会っています。

ベルと関わった女性は、必死に頑張る姿や優しさに触れて好意を持つようになる。

視聴者の多くは、ベルがどの女性とくっつくのかが気になるでしょう。

ここでは、ベルに好意を寄せている女性キャラ誰とくっつくのかについて紹介しています。

ダンまち2期の見逃し配信を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介


【ダンまち】ベル・クラネルに好意を抱いている女性を紹介

主人公のベルは物語が進むに連れ、複数の女性から好意を持たれていきます。

アニメ1期の内容だけでベルと絡んでいる女性は多いですよね。

それぞれのベルに対する好意が分かる内容などを見ていきましょう。

【ダンまち】ベル・クラネルに対するヘスティアの好意

ヘスティアに関しては、ベルをファミリアに入れた時から好意がある。

普段からベルに対して感情を隠すことなく、積極的にアピールをしていますね。

また、ベルはヘスティアにとって初めての眷族となった子供だったのも大きな要因でしょう。

初めての家族であり、純粋で可愛いベルに惹かれたと思います。

 

後に、ベルが強くなりたいという気持ちを聞いた際に、ヘファイストスに土下座をして武器を作ってもらった。

その武器は「神様の刃(ヘスティアナイフ)」としてベルの冒険の力となっている。

これにより大きな借金をすることになっていますが、ヘスティアはベルのために少しずつ返済していく。

 

あまりにベルを想っているため、他の女性が近づくとあからさまに態度を変えています。

ベルに発現したスキル「リアリス・フレーゼ」の要因がアイズに想いを寄せているとわかり拗ねていた。

リリにはベルのお目付け役として一緒に行動することを指示している。

ですが、「くれぐれも、出過ぎたマネはしないように」とクギをさしていた。

 

「ずっと一緒にいる。生まれ変わっても必ず会いに行く。だから、自分たちとの愛を怖がらないでくれ」

原作でヘスティアがベルに対して伝えている気持ちです。

本気でベルの事を想っているのがわかる言葉でしたね。

【ダンまち】ベル・クラネルに対するアイズ・ヴァレンシュタインの好意

ベルとアイズが初めて出会ったのは、ベルが5階層でミノタウロスに襲われていた時。

アイズがミノタウロスを斬ったことで、ベルが返り血で真っ赤に染まった。

そこでアイズが声をかけたが、ベルは助けてくれたアイズに一目惚れしてしまう。

 

この出会いからアイズはベルのことを気にかけています。

助けた時やマインド・ゼロで倒れていた所でもベルが逃げてしまうため、ずっと謝ることができずにいた。

いつも逃げられるため、怖がられているのではと心配していましたね。

 

その後、ベルに戦闘の駆け引きなどを教えるため早朝特訓に協力しています。

何度か倒れたベルに膝枕をして見守っているのが印象的でした。

訓練中には、なぜベルがこんなに早く成長できるのか興味を抱いている。

 

アニメ2期では、神の宴でベルにダンスを誘われて一緒に踊っています。

その前にヘルメスがダンスに誘った時は、少し困っていたが、ベルの誘いにはすんなり返事をした。

このことから、他の男性以上にはベルに対して好意があるのがわかりますね。

【ダンまち】ベル・クラネルに対するリリルカ・アーデの好意

リリがベルと出会ったのは、アニメ4話「サポーター」で逃げているリリを助けた時です。

そこでベルが見せたヘスティアナイフに目を付けたリリが、ダンジョンに向かうベルに声をかけている。

サポーターとして一緒のパーティーとしてダンジョンに入っていく。

何日後、ベルを裏切ったリリはソーマ・ファミリアの冒険者とモンスターに襲われた。

そこを追いかけて来たベルの優しさや助けられたことで好意を持ちます。

 

ヘスティアに会いに行った際には、罪悪感が消えないための裁きとして「ベルのおもり」を任された。

そこでヘスティアがベルに抱きついた姿を見て、負けじと反対側に抱きつく。

「ベル様のためなら、例え相手が神様だろうがなんだろうがリリは乗り越えてみせます」

「絶対に負けません」と強い敵対心を抱いていた。

 

その後、ミノタウロスに襲われた時には怪我をした状態で助けを呼びに行っている。

意識を失うまで必死にベルを助けて欲しいとお願いしていましたね。

後に、ベルに対する強い気持ちにより、ソーマ・ファミリアを抜けてヘスティア・ファミリアへと改宗する。

【ダンまち】ベル・クラネルに対するエイナ・チュールの好意

エイナはギルドの職員で、冒険者であるベルの担当となっている女性。

駆け出しのベルのことをいつも心配していて様々なアドバイスをしてくれる。

これは、弟のような存在として気にかけていたように感じました。

 

ただ、ベルが7階層に行くようになる際には一緒に防具を買いに行っています。

はたから見ればデートをしていると勘違いしてもおかしくない関係。

 

別れ際にエイナがベルにプレゼントとして防具を渡している。

エイナは「いなくならないで欲しいな、ベル君には」と言っています。

「頑張っている君を見て、力になってあげたいな~て思ったんだよ。だから、ね。受け取って。ダメ?」

ここで二人は顔を真っ赤にして照れていましたね。

このシーンを見る限り、少なからずベルに好意を持っているのがわかります。

 

エイナの好みは「少し頼りないくらいの男性」とのこと。

後に、エイナがストーカー被害にあった時にベルが護衛についている。

その時に冒険者から告白されるが、ベルと付き合っていると嘘をついています。

また、ベルがモンスターに負けて悔し涙を流す姿を見た時に恋をしていることに気づいているとのこと。

【ダンまち】ベル・クラネルに対するシル・フローヴァの好意

豊穣の女主人で働いている女性。

店の前でベルが何かの目線に気づき立ち止まっていた所に声をかけています。

この時、ベルが魔石を落としたのを拾ったと言っていますが、これはベルに声をかける口実だったと思われる。

しかも、腹が鳴ったベルに対して弁当を渡していました。

最初は店の売上のために客として来るようにと声をかけた感じに見える。

 

しかし、その後はベルに対して好意があるような素振りを見せています。

ベルのヘスティアナイフをリリから取り戻したリューに対して、ベルが手を握っている所を見て羨ましそうに見ている。

 

ベルに対する好意は、豊穣の女主人の店員達にも知られています。

そのため、リューはベルとシルの関係を進展させるのに協力している。

ただ、なぜシルがベルに好意を寄せているのかというきっかけがわかりません。

一目惚れの可能性もありますが、何か裏がありそうで少し怖い印象を持ちますね。

【ダンまち】ベル・クラネルに対するリュー・リオンの好意

シルと同じく豊穣の女主人で働いているエルフの女性。

ベルとはシルが気にかけている男性ということで何度も交流をしている。

あまり感情を表に出さず、いつも冷静な印象があります。

 

ベルがダンジョンから帰って来ない時、ヘスティアが捜索に行く時に協力する。

また、アポロン・ファミリアとの戦争遊戯では、助っ人としてベル達を助けています。

ただ、この頃はベルの事を「クラネルさん」と呼んでいる。

ベルの事を気にかけてはいますが、好意があるかは判断が難しい。

 

後に、ダンジョンを冒険中のトラブルでベルとリューが37階層まで落ちてしまう。

そこで、冷静なリューが取り乱してしまう状況となるが、ベルの優しさに立ち直ります。

呼び方が「ベル」に変わり、好意を持つようになるようですね。

【ダンまち】ベル・クラネルに対するフレイヤの好意

美の女神フレイヤは、ベルのことを気にかけています。

フレイヤは魂の色が見えるようで、ベルの透明な魂を気に入ったとのこと。

ベルの成長していく姿を見たいという願望により、強引に無茶な戦闘をさせる。

 

怪物際でのシルバーバック、オッタルに指示をしてミノタウロスを襲わせたりなど。

美しいものを欲するため、ベルの戦う姿を見て「美しい」と言って興奮していましたね。

フレイヤの場合は、他の女性キャラのような好意とは種類が違っていますね。

恋愛感情というよりは、大好きな玩具で遊んでいるような印象を受けます。

アニメ2期の1話で、ベルとアイズがダンスをしているのを見て、オッタルにミノタウロスの群れを連れてこれないか聞いていたのが面白かったw

【ダンまち】ベル・クラネルに対するサンジョウノ・春姫の好意

春姫はイシュタル・ファミリアで娼婦として捕らわれていた狐人の女性

ベルとは歓楽街で出会い、その後イシュタル・ファミリアから助け出される。

その後、ヘスティア・ファミリアへと入団しています。

 

助け出された時に奮闘するベルに好意を抱いている。

それは、物語以上の英雄をベルと重ねて見ていたため。

ただ、男性の裸を見ると泡を吹いて倒れてしまうという一面があります。

【ダンまち】ベル・クラネルは誰とくっつく?

上記で紹介している8人の女性から想われているベル。

これだけの女性に好意を寄せられているため、視聴者からは最終的に誰を選ぶのか気になる所ですよね。

私自身も気になるので、上記の内容から可能性を予想して見ます。

 

まず、可能性が低いのはフレイヤと春姫とリューでしょう。

フレイヤは違う意味でベルに興味を持っているだけ。

春姫に関しては、男性の裸が見れないということが大きなハンデとなる。

乗り越えられる可能性もありますが、難しいと思いますね。

リューについては、シルを恩人と感じているため、シルより前に出ることはないと思われる。

 

次に気になるのは、神と眷族が一緒になることができるのか

これまでに前例があるのかはわかりません。

これが無理なのであれば、ヘスティアは可能性が無くなります。

ただ、ファミリアに所属している限り結婚はできないが一緒にいることはできる。

 

また、アイズは今のままでは一緒になることは厳しい。

違うファミリアに所属しているため、結婚することはできないとされています。

なので、もしアイズがヘスティア・ファミリアに入団することがあれば、一番可能性が高い

ベルはアイズのことが好きなので、そうなれば面白いなと思います。

 

アニメを見ている限り、エイナとリリとシルの誰かがベルと一緒になる可能性がある。

エイナはベルの冒険のアドバイスもでき、一番信頼を寄せている女性の一人。

悩み事なども相談できる相手として、ベルの心の拠り所でもあるように感じます。

 

リリは一緒に冒険するパーティーの一人であり、信頼する仲間

何度も困難な場面を協力して乗り越えてきた存在。

 

シルに関しては、なぜベルに好意を寄せているかわからないため、何とも言えません。

単純な好意なのか、裏があるのかが気になるので、少し可能性は低いかもしれない。

現状での私の予想では、エイナとくっつく可能性が一番高いと思います!

最後に

アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のベル・クラネルに好意を寄せている女性についてまとめてみました。

主人公のベルの周りには多くの女性キャラが関わっています。

その中でも、内容を見る限り8人の女性がベルに好意を抱いているのがわかる。

 

物語を見る限りでは、ヘスティアのアピールが目立っていますね。

また、リリや春姫はベルに助けられてから好意を寄せているのは確実。

アイズ、エイナ、シル、リューは色々とベルの力となっている。

フレイヤに関しては、ベルを気にかけているが他の女性のような恋愛感情とは違っています。

 

現在の私の予想では、エイナとくっつく可能性が高いように思われる。

ただ、ヘスティアの場合は神様と眷族の結婚ができる場合はエイナを抜く。

また、アイズがヘスティア・ファミリアへ入団すれば、圧倒的に一番でしょう。

理想を言えば、ハーレムエンドが良いと思いますが、ヘスティアが耐えられないかもしれませんねw

ベルも、この中で誰か一人なんて選べないでしょう。

どのような最後になるのが楽しみですね!

 

ダンまちのアニメ1期と2期を無料で見ることができます!

詳細はこちらの記事から↓

ダンまち2期の見逃し配信を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介