アニメ「七つの大罪」のディアンヌ記憶喪失についてまとめています。

ディアンヌが記憶を無くし始めたのは、アニメ6話の内容。

これは、ゴウセルの「消え行く彼岸(ロストワールド)」によるものでした。

アニメ2期までの内容では、ディアンヌの記憶は戻っていません。

ここでは、ディアンヌの記憶ゴウセルが消した理由や、いつ戻るのかについて紹介しています。

七つの大罪の1・2期のアニメ動画を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介


ディアンヌが記憶喪失になったのはアニメ何話?

ディアンヌが記憶を無くす内容はアニメ2期の6話の最後で記憶を失っています。

この時、ディアンヌが全ての記憶失っているわけではありませんでした。

 

アニメ2期の7話で、キングが妖精王の森からキャメロットに帰還する。

ディアンヌはガランとの戦闘で、神器を跳ね返されて頭に受けていた

横になって休んでいたディアンヌの元にキングが会いに行きます。

すると、キングを見たディアンヌは誰かわからなかった。

 

ただ、キングが太った妖精ということは覚えています。

また、メリオダスの事も覚えていましたが、呼び方が変わっていた。

メリオダスの横にいたエリザベスについては覚えていない。

ディアンヌの症状について、マーリンが言うには頭部へのダメージによる記憶障害かもとのこと。

ちなみに、ホークはディアンヌにそのまま喰われそうになっていました。

 

キングは、ディアンヌが覚えていた太った状態で話かける。

その途中で、ディアンヌの様子が変わった。

メリオダスのことすら曖昧になり、七つの大罪のことも忘れてしまう。

キングはメリオダス達に、ディアンヌがどんどん記憶が消えていることを伝えた。

 

全員でディアンヌの所に戻ってみると、そこにディアンヌの姿はない。

警備兵に聞いた所、慌てて出ていったようです。

どうやら、故郷である巨人族の里「メガドーザ」に向かったと考えられる。

この記憶喪失は頭部へのダメージではなく、ゴウセルの「消え行く彼岸(ロストワールド)」によるものだった。

ディアンヌの記憶をなぜゴウセルは消したのか


なぜゴウセルはディアンヌの記憶を消すような事をしたのか?

ゴウセルの目的は、記憶という情報の先にある感情を知りたいから。

そのために人の記憶を操作して、心と感情を理解しようとしていた。

ディアンヌがゴウセルと言い合い

アニメ2期の2話で、ゴウセルがギーラとジールの記憶を操作していました。

この時のゴウセルは、マーリンから貰った魔力安定薬を捨てており、軽く暴走状態。

 

ギーラとゴウセルが一緒にいる所に、ディアンヌとエリザベスがジールを連れてきます。

しかし、ギーラはジールの事を弟だとわからないばかりか、弟という存在すら忘れていた。

これもゴウセルがギーラとの関係を構築するためにやったとのこと。

 

ゴウセルは、感情を理解できる心が欲しいと考え、特に愛情を知りたいと感じていた。

ですが、ディアンヌは嘘の記憶より本当の記憶が大事だと言う。

お互いに意見が理解できず、闘うことになってしまった。

何とかゴウセルは落ち着き、その後はギーラとジールの記憶を元に戻しています。

ディアンヌの記憶を消した理由

前に、ディアンヌが「大切な思いを消すことは、誰にもできないんだ!」と言っていた。

その言葉が本当なのかを試す為に消してみたとのこと。

そして、ゴウセルの予想通りにディアンヌが記憶を無くした。

ゴウセルにとって記憶とは、ただの情報という結論になる。

 

これを聞いたキングは怒ろうとしますが、自分にゴウセルを責める資格はないと言った。

キングはゴウセルに対し、どんな気持ちでディアンヌの記憶を消したのかを聞く。

ゴウセルは気持ちがわからない為、質問の意味が理解できなかった。

わからないなりに「他人の記憶を消去するのに何ら必要ないだろう」と答える。

その答えにキングはゴウセルを見損ない、シャスティフォルで殴り飛ばした。

ディアンヌが記憶を失ったその後について

キャメロットから単身で出ていったディアンヌは、メリオダスの読み通りにメガドーザへと向かっていた。

そこに向かう途中で、十戒のガランとモンスピートと出会ってしまう。

ガランと闘っている中、昔に死亡したと思っていたはずのマトローナに助けて貰い、逃げることができた。

その後は少しの間、マトローナの家で楽しく過ごしていた。

 

アニメ2期の15話で、マトローナの子供2人が魔物に襲われて怪我をしてしまう。

それを治すために、マトローナはバイゼルの町で行われる大喧嘩祭りに参加しようとする。

ディアンヌはマトローナと一緒に行くこととなった。

バイゼルの町でメリオダス達と出会いますが、記憶は戻っていない。

ディアンヌの記憶が戻る

ゴウセルにより記憶を無くしたディアンヌは、いつ記憶が戻るのでしょうか。

アニメ2期では、最後までディアンヌの記憶は戻っていません。

どうやって戻るのかを調べてみました。

 

原作の216話で、ディアンヌの記憶は戻っているようです。

アニメ2期の最後で、ディアンヌとキングは妖精王の森に避難していました。

そこに、十戒のグロキシニアとドロールが現れる。

二人は、ディアンヌとキングに試練を与えました。

 

その試練とは、3000年前の世界にいたドロールとグロキシニアの中へ。

それぞれが試練を乗り越えないと元の世界に戻ることができないとのこと。

 

3000年前の世界で、ゴウセル(人形)十戒のゴウセル(本人)と出会う。

ディアンヌは、3000年後から来たことを伝えると、ゴウセル(本人)から頼みごとをされる。

「ゴウセル(人形)の友人になってほしい。道に迷う彼を導いてやってくれないか?」

ドロールの姿をしたディアンヌは「やってみる」と笑顔で答えた。

すると、ゴウセル(本人)はディアンヌにお礼として、感謝の贈り物をする。

 

その後、ディアンヌはゼルドリスから逃げたことで元の世界に帰還する。

目を覚ましたディアンヌは、ゴウセルにより消されていた記憶を全て取り戻していました。

そこで、ディアンヌはキングとキスをし、告白をしていますね。

ゴウセル(本人)の贈り物が、記憶を取り戻すものだったということ。

最後に


七つの大罪のディアンヌの記憶についてまとめてみました。

ゴウセルにより記憶を消されてしまったディアンヌ。

最初は、ガランとの戦闘で頭部のダメージの影響かと思っていました。

ですが、ゴウセルが感情を知りたい事と、記憶が消えないことを確かめるためにやったのでしょう。

それにより、ディアンヌは残っている記憶の巨人族の里「メガドーザ」へと一人で行ってしまった。

 

その後は、バイゼルの町でメリオダス達と合流していますね。

アニメ2期の最後まで、ディアンヌの記憶は戻っていない。

原作を調べて見た所、試練を乗り越えた後で記憶が戻っているようです!

3000年前の世界にいたゴウセル(本人)の感謝の贈り物のおかげ。

この内容は、2019年秋に放送されるアニメ3期で見れると思います!

七つの大罪のアニメを無料で見れます!
詳細はこちらの記事から↓
七つの大罪の1・2期のアニメ動画を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介