アニメ「トリニティセブン」のリーゼロッテ=シャルロックについてまとめています。

元は学園のトリニティセブンの一人で、アニメ初登場時は敵となっていました。

秘奥義により超高速世界に取り残されたリーゼは、2019年の劇場版「トリニティセブン 天空図書館と真紅の魔王」でアラタにより救出されています。

ここでは、リーゼの正体強さ・秘奥義の内容やどうやって救出されたのかを紹介しています。

トリニティセブンのアニメ動画を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介


トリニティセブンのリーゼの正体

王立ビブリア学園のトリニティセブンの一人。

年齢は17歳で、身長は155センチの少女。

金髪ツインテールでメイガスモードが過激な衣装です。

スリーサイズはB85、W56、H84。

 

アラタと同じクラスにいるセリナ=シャルロックは双子の妹です。

性格は気分屋でせっかちな印象が強いように感じる。

魔道のテーマが「停滞(スタグナ)」ということからも、じっとしているのが嫌い。

魔道士として強くなるために学園を裏切ってまで目的を果たそうとしていた。

学園で失踪する前に禁忌とされている「永劫図書館」への接続実験を強行している。

「悪い魔道士」と発言していることから、自分の意思で行っています。

 

元は学園の王立図書館検閲官(グリモワールセキュリティ)の次席

前から実力もあったのですが、失踪している時に魔王因子を取り込んでいた。

そのためアニメ初登場時には、魔王候補となっています。

トリニティセブンのリーゼのアニメ初登場


アニメ5話でアラタ達は学園の図書館から強制転移により永劫図書館へ。

この永劫図書館はリーゼのアジトとしている場所。

アラタ達を強制転移で連れて来た理由は、全員の魔力を奪おうとしたためです。

 

特に魔王候補のアラタの魔王因子が狙いでした。

自身の魔道の研究のために手段は選ばない。

検閲官になっていたのも様々な崩壊現象を体験できるからやっていたとのこと。

ここでも妹であるセリナの魔力を奪っている。

 

アニメ6話ではアラタもリーゼによって魔力を奪われてしまう。

魔道士は魔力が無くなってしまうと死ぬか姿が消える。

アラタはアスティルの写本のおかげで何とか無事だったが、セリナは危険な状態。

リーゼはアラタの魔力と魔王因子を奪ったことで、強大な力を手に入れている。

ですが、ミラとレヴィによりリーゼの魔力をある程度の削ることができた。

それにより、リーゼは一時撤退する。

トリニティセブンのリーゼと学園長の戦闘

突如学園に魔物が現れ、生徒が襲われる。

学園のピンチに興奮している学園長。

そこに魔力が回復した状態のリーゼが姿を現します。

 

リーゼは自分の力に自信を持っているため、学園長と闘う事を望んでいた。

いつもふざけている学園長の目つきが変わる。

リーゼが魔物を学園長に向かわせますが、一瞬で全ての魔物を消し去る。

気づくと学園長はリーゼの背後にいた。

 

闘いながら生徒であるリーゼに魔道士としてのレクチャーをする。

学園長は魔道を極めた者が呼ばれるパラディンという存在。

しかも、学園長の魔道書「ソロモンズ・ゲート」は長時間見てしまうと狂気に陥ってしまうとのこと。

ですが、この魔道書が見えるのは一定以上の魔力を持つものでないと見ることができない

 

勝てないと思ったリーゼは、別の方法で学園長を退けようとします。

学園長はお色気に弱いため、胸を見せようとする。

それを見た学園長は目を♥にして飛び込んできた所をリーゼが蹴りを浴びせた。

学園長は窓を突き破って地面にめり込んでしまう。

わざと学園長は負けたようにでしたね。

トリニティセブンのリーゼの強さや秘奥義について

ビブリア学園にいた頃から書庫「怠惰(アケディア)」を極めていた。

そのため、トリニティセブンに選ばれており検閲官の次席

魔道士としての実力は失踪する前から強いのがわかりますね。

 

テーマは「停滞(スタグナ)」で得意な術式は「数秘術(ロゴス・ワード)」

上記で紹介しているように、悪の魔道士サイドに行って魔王因子を取り込んでからより強さが増す。

また、アラタの魔力を取り込んでからは更に強くなっている。

 

取り込んだ相手の魔術を使用することが可能

この時のリーゼは学園長の魔道書を見ることができるほどの魔力を持っていた。

戦闘では自分の力を過信しているので油断が多い。

 

怠惰を極めているため、秘奥義(ロスト・テクニカ)時空裂界(バアル・ペオル)

アニメ7話で秘奥義を使用しています。

「万物の事象を完全計測し、使用者以外の全ての時間を極端に遅くする」

簡単にいうと、時間停止のような魔術とのこと。

 

その空間では、他の者に干渉することができない

リーゼはアラタとソラの時間を動かしていた。

アラタが何かをしようとした瞬間にいつでも時間を止めることができる状態。

真言術を手に込めたアラタがリーゼに攻撃しようとしますが、時間を止められてしまう。

 

リーゼは前と同じようにアラタの口から魔力を奪おうとした。

しかし、アラタは舌に真言術を仕込んでいて、それを奪ったリーゼは体内の魔力が暴走してダメージを受ける。

それによりアラタがリーゼに勝利した。

 

元の世界に戻ろうとしますが、秘奥義には代償があるとのこと。

時空裂界のリスクとは、「超高速の世界に取り残される」

これを生み出した始祖の魔道士も、その世界から脱出することはできなかったようです。

アラタとソラはリーゼによって元の世界に戻して貰った。

トリニティセブンのリーゼは救出される?

アニメ12話まででリーゼが元の世界に戻っていません。

妹のセリナの体を借りて登場した時はありました。

アラタが元の世界に戻る前に、必ず助け出すと言っています。

 

劇場版「トリニティセブン 天空図書館と真紅の魔王」でリーゼは救出されました!

アラタがアヴィス・トリニティに勝つために魔王兵器「黒皇剣ジュデッカ」を使おうとします。

ですが、トリニティに達していないアラタはジュデッカにより暴走させられそうになる。

 

アラタを止めるためにリーゼの提案によりアキオがカメラのシャッターを押す。

リーゼのいる時間停止の世界へ来たアラタはジュデッカを外しました。

その世界でアラタはトリニティに達するためにリーゼの魔術を覚えることに。

ソラとイリアも協力して無事に習得することに成功した。

 

この超高速世界から戻るためにアラタがすっぽんぽん魔術(インペル・マジェスター)を使う。

それにより、超高速世界を破壊してリーゼと共に戻ることができた。

ジュデッカも使用することができるようになり、リーゼも救出することに成功!

最後に

トリニティセブンのリーゼロッテ=シャルロックについてまとめてみました。

金髪ツインテールですが、ツンデレキャラで無いのが残念ですねw

メイガスモードが過激な衣装なので、男性にとっては目の保養になります!

 

怠惰(アケディア)を極めているため、トリニティセブンの一人に選ばれている。

魔道を追求するあまり、禁忌を犯してまで強さを求めて悪の魔道士サイドになった。

魔王因子を手に入れたリーゼの強さは格段にあがっていましたね。

ただ、それだけ強くなってもパラディンである学園長には勝てないようです。

 

秘奥義の時空裂界で超高速の世界に取り残されたリーゼ。

アニメでは救出されないままで終わっていました。

ですが、2019年の劇場版第2弾「トリニティセブン 天空図書館と真紅の魔王」アラタに救出される

無事に元の世界に戻ってきて良かったです。

アニメ2期が制作されれば、リーゼも学園に戻って来ていると思うので期待!

トリニティセブンのアニメを無料で見れます!
詳細はこちらの記事から↓
トリニティセブンのアニメ動画を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介