アニメ「魔法科高校の劣等生」の七草真由美司波達也の関係についてまとめてみました。

真由美は生徒会長であり、達也が入学した時から気にかけています。

風紀委員や九校戦では、これまでに前例が無いにも関わらず達也を任命している。

物語の途中から、明らかに達也に対して好意を持っているのが分かる場面があったように思います。

また、達也が一条に勝ったことで、十文字から七草と結婚はどうかと聞かれていた。

ここでは、七草真由美は達也と結婚できるのか、出会いやアニメの中で好意が分かる場面について紹介しています。

魔法科高校の劣等生のアニメと劇場版を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介


魔法科高校の劣等生の七草真由美と達也の出会い

七草真由美は第一高校の三年生で、生徒会会長を務めていた女性。

十師族に選ばれる資格を持つ七草家の長女

精密射撃魔法を得意としており、九校戦では「エルフィン・スナイパー」と呼ばれている。

一高の生徒だけでなく、他の学校からも人気が高い美少女です。

 

真由美は達也たちの入学式の時に出会っている。

この時、二人は初対面だったと思います。

達也は真由美の名前を聞いて十師族だと直ぐに理解する。

ただ、真由美は達也の名前を聞いた際の反応を見ると、心当たりがあるように見えました。

 

なぜ真由美は達也の事を知っていたのか?

これについては、入学試験の結果で目についたからでしょう。

達也の試験結果は、実技がダメダメで筆記はトップという極端な成績。

また、新入生成績トップの深雪と兄妹であることから興味を持っていたと考えられます。

入学式後には、深雪に挨拶をしに来た時にも、その場にいた達也に対して「いずれまたゆっくりと」と気にかけている。

 

深雪と兄妹であることや成績だけで気にかけているようには見えない。

何か特別な感情があって達也に関わろうとしている可能性もありそうですね。

そこで、真由美が達也に対して好意を抱いているのかを考えてみます。

魔法科高校の劣等生の七草真由美の達也への好意


真由美は、入学式以降も達也と多く関わっています。

最初の頃は、深雪を生徒会室に呼ぶ際には必ず達也も一緒に呼んでいる。

また、風紀委員や九校戦などの人選に困っている時には、生徒会長としての権利を使って指名しています。

何かと言えば達也に頼っている印象が強いですよね。

そこには真由美が達也に対し好意がある可能性が高いように感じる。

 

アニメ2話では、達也の呼び方が「達也くん」と変わっています。

4話の生徒会室での昼食中の壬生紗耶香についての話をしている場面。

生徒たちの印象操作をしている輩について達也が追い詰めてフォローした際に、照れた表情を見せています。

これについては、達也の凄腕のジゴロっぷりに籠絡されていましたねw

9話では、九校戦に向かうバスに乗る前の場面。

家の事情で遅れた真由美をバスに乗るのを確認するために待っていた達也。

そこで、真由美は着ている服について達也に感想を聞いています。

それに対して達也が「とても良くお似合いです」と答えると凄く嬉しそうな反応を見せている。

また、達也をバスの隣の席に座らせようと考えていた

この時の真由美は、明らかに達也に対して意識しているのが分かる。

11話の真由美の補佐を達也がしている場面。

試合前の会話で、達也が真由美のテニスウェアが似合っていると言うと、また嬉しそうにしていた。

また、達也と接することを新鮮と感じており、「弟ってこういう感じかな」と言っている。

これは、真由美に対して特別扱いせず、おどおどしたり構えたりしない達也の接し方が好印象だったのでしょう。

20話では、学校の図書館で狭い個室に二人で入っている場面。

達也は論文コンペの資料を集めに来ていた所で偶然出会う。

部屋の中で、真由美と達也は一緒の椅子に座り、肩がくっつくほど密着しながら話をしています。

この時、達也は少し避け気味に座っているが、真由美は全く気にしていない。

 

話の中で、達也と市原が同じ考えを持っている事を聞いた真由美は「良かったわね、鈴ちゃんと気が合って」拗ね気味になっていましたね。

ここでの真由美は、露骨に不機嫌となっています。

肩を寄せ合って話をしているのに、達也が手を出してこないことから、自身を「ごめんね、お姉さん子供体型で」と冗談っぽく言っている。

達也は冷静に部屋にある監視カメラがあることを指摘。

真由美が達也にカメラが無かったらと聞くと

「もちろん、先輩の据え膳なら遠慮なくごちそうになります」

これを聞いた真由美は、自分から仕掛けたことですが逆に顔を真っ赤にしているw

 

これらのことから、真由美は達也に対して好意があるように思います。

ネット上では、達也と真由美の関係は今後どうなるのか気になっている方がおられる。

もしかすると、結婚するのではという意見もあったので、そのことについて考えてみます。

魔法科高校の劣等生の七草真由美は達也と結婚できる?

真由美の家は上記でも紹介しているように十師族の七草家。

魔法師としての実力があるものだけが選ばれる存在。

そのため、真由美の結婚する相手は魔法師としての実力が認められている必要がある。

 

達也に関しては、九校戦のモノリスコードの決勝で一条将輝に勝ったことで実力を証明しています。

また、そのことは十文字も認めており、九校戦の最終日には七草と結婚して十師族になるように言われている。

上記の内容から見ても、真由美が達也に対して好意を持っているのは確かでしょう。

なので、アニメを見ていた時には、真由美と達也が結婚する可能性はあるかもと感じていました。

 

ですが、原作では達也に婚約者ができたということが発覚しています。

その相手とは、妹の深雪が達也の婚約者となっている。

この事実から、真由美が達也と結婚する可能性はほぼ無いと思います。

また、達也も深雪のこと以外に愛することができないので、元から難しかったでしょうね。

最後に

アニメ「魔法科高校の劣等生」の七草真由美と達也の関係についてまとめてみました。

生徒会長として達也に色々なことをやらせています。

入学当時から、真由美は達也のことを気にかけていた。

 

最初の頃は、深雪の兄であり服部に模擬戦で勝ったことから興味を持ったと思います。

ですが、徐々に達也の事を意識する態度が見て分かるようになっている。

真由美は自分から仕掛ける割に、逆に責められると照れたりしていてかわいいですねw

 

達也と結婚しても良かったかなと思いますが、深雪が相手ではしょうがない。

ただ、真由美に好意を持っている服部にはまだチャンスがありますねw

原作でも真由美は結婚していないようなので、誰と結婚するのか気になるが、幸せになってもらいたいと思う!

魔法科高校の劣等生のアニメと劇場版を無料で見れます!
詳細はこちらの記事から↓
魔法科高校の劣等生のアニメと劇場版を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介