アニメ「ソードアート・オンライン」のキリトクラインの関係についてまとめています。

クラインは、他のどのキャラよりも一番最初にキリトと関わっている。

仲良くなったことでキリトはクラインと一緒に行こうと誘いますが、クラインは断っています。

その時から別々で行動していますが、色々な所で出会っている。

現実世界に戻ってからもエギルの店ALOで一緒にプレイするほど関係が続いていました。

ここでは、キリトとクラインが一緒に行かなかった理由その後の関係について紹介しています。

ソードアート・オンライン1期のアニメ動画を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介


キリトとクラインが一緒に行かなかった理由

SAOがクリアしないと脱出できず、HPがゼロになったら現実世界でも死ぬという事をゲームマスターから聞かされる。

その時、キリトはクラインに「一緒に行かないか」と言っています。

しかし、クラインはキリトの誘いを断っている

そのため、キリトはクラインと一緒に行かずに一人ではじまりの街を出ていきました。

キリトとクラインの出会いについて

SAOが正式に販売され、ゲーム内で最初に出会ったのがクラインでした。

はじまりの街で迷いなく走っているキリトを見かけたクラインが追いかけて来て声をかけています。

キリトがベータテストを経験しているということで、序盤のコツをレクチャーしてくれとお願いされる。

 

街の外でモンスターと戦って、ソードスキルの使い方を教えた。

夕方のなるまで二人はモンスターと戦闘していたようです。

徐々に仲良くなり、お互いに親しい関係となっていました。

クラインはこれまでにナーヴギアを経験しておらず、フルダイブ機能は初体験。

 

クラインがログアウトしようとした時、メニューの中にログアウトボタンが無いことに気づく。

キリトも確認したが、やはりボタンが無くなっていた。

最初は正式サービス初日だからバグが出てもしょうがないと考える。

管理者にコールをしても反応がないため、手の打ちようがない状態。

キリトはなぜ運営側が何もしないのかがおかしいと感じていた。

キリトがクラインに「一緒に行こう」と声をかける


鐘の音が聞こえた時、全てのプレイヤーがはじまりの街の広場に集められる

そして、上空から大きな姿のゲームマスターが登場した。

この時、プレイヤー達はセレモニーだと思っていたが、このゲームの概要を説明されたことで全員が鎮まり変える。

ゲームマスターからの贈り物として「手鏡」を使用すると、プレイヤー全員が現実世界の姿となった。

 

説明が終わり、広場が混乱している中でキリトはクラインを連れて誰もいない所で話を始める。

キリトはSAOを経験しているため、直ぐに次の街に向かうと言ってクラインを誘う。

生き延びるために効率良く経験値とお金を稼ぐためです。

 

しかし、クラインは他のゲームで一緒にプレイしていた仲間がいるため、置いていけないと言う。

それを聞いたキリトは、これ以上人数が増えた場合が心配になっていた。

その様子を察したクラインは、これ以上キリトに世話になるわけにはいかないと答える。

そしてキリトはクラインと別れて一緒にいかなかった

 

キリトが人数増加で心配していたのは、自分が守れるかわからなかったためでしょう。

いくらベータテストで経験しているとはいえ、キリト自身もまだ弱い状態。

人の命がかかっている中では非常に困難となることが予想された。

なので、クラインが仲間と行くことを切り出したことで一緒に行くのを諦めたと思います。

また、キリトは人と関わることをあまり好んでいなかったというのもあるかもですね。

キリトとクラインのその後の関係

二人はその後も色々な場面で出会い協力しています。

アニメでは1話に別れてから再開したのは、3話でキリトが夜に一人でレベル上げに向かった時です。

そこでクラインはキリトがギルドに入っていることに気がつく。

ここではあまり話をせずに別れています。

 

次はクリスマスイベントにソロで挑もうとするキリトを心配してつけていたクライン達。

そこでキリトがボスを倒しに行くのを手助けしている。

戻って来たキリトからドロップアイテムを受け取っています。

クラインはキリトに「最後まで生きろよ」と泣きながら伝えた。

 

その後はボス攻略会議で顔を合わしています。

9話の74階層の迷宮区でアスナとキリトが休憩している時にクライン達と合流。

色々とありキリトやクライン達は74階層のボスを倒してしまいましたね。

この時、キリトが帝国の人たちを助けに行ったことをクラインは「嬉しかった」と感じている。

 

13話で75階層の転移先の広場で出会っています。

ここで75階層のボス攻略の大規模作戦に参加。

ボスを倒してあと、キリトがヒースクリフを倒したことで現実世界へと戻った。

二人は現実世界でも交友関係となり、エギルの店で一緒に飲んだりしている。

キリトがALOからアスナを救い出し、新生ALOになってからはゲーム内で一緒にプレイしていますね。

また、クラインはキリトの事を「きりの字」と呼んでいる。

最後に

アニメ「ソードアート・オンライン」のキリトとクラインの関係についてまとめてみました。

SAOで最初にキリトに声をかけたのがクラインです。

クラインはまだゲームのことを知らなかったため、ベータテスト経験者のキリトから教えてもらう。

ゲームの説明後、キリトがクラインと一緒に行こうと誘った。

しかし、クラインは友達と行くことを選んだため、キリトは独りで次の街へと向かう。

 

その後もゲーム内で度々出会い、攻略組として一緒に戦うこともあった。

また、クラインはキリトのことをいつも心配して気にかけている。

クラインのキリトに対する優しさが素晴らしいですね。

現実世界やALOでも交友関係があるということは、お互いに信頼する関係となっているのでしょう!

ソードアート・オンラインのアニメ全25話を無料で見ることができます!

詳細はこちらの記事から↓

ソードアート・オンライン1期のアニメ動画を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介