声優細谷佳正さんについてまとめています。

これまでに数多くの作品に出演され、素晴らしい声と演技で幅広い役をこなされています。

現在はフリーとして活動されており人気声優となられている。

ここでは、細谷佳正さんの性格や好きなタイプなどのプロフィールきっかけや経歴、出演作品について紹介しています。

【アミューズメントメディア総合学院】資料請求する方法を紹介!アニメ業界や声優を目指す方へ


細谷佳正の性格や好きなタイプなどプロフィール紹介

細谷佳正(ほそやよしまさ)さんの愛称は「ほそやん」など。

出身は広島県の尾道市で、現在(2019年6月)の年齢は37歳。

誕生日は1982年2月10日。

身長は175センチで、血液型B型。

趣味は占い、映画鑑賞、散歩で、特技はギター、ガンシューティングとのこと。

現在は事務所に所属しておらず、フリーとなっている。

 

性格は真面目でマメで、周囲からは「心配になるほど純粋」と言われているようです。

また、「かわいい」「天然」という声もある。

声優仲間からはイジられていることが多い。

そういったことから、人気もあり愛されています。

 

ただ、アドリブが苦手なようで、無茶振りなどの対応は厳しいようですね。

そのため、焦ってしまうと汗が吹き出てしまう。

ATーXで放送されている東京エンカウントでゲスト出演された時には、ゲームに夢中になって手汗をかいている。

これに関しては、周囲から認知されています。

 

好きな女性のタイプは「常識があって優しい、よく笑って正直な人」とのこと。

細谷佳正さん自身と同じタイプの方ということでしょう。

女性の気になるパーツとしては「雰囲気」と答えています。

パーツという質問に対して、体の部分を言わない所が細谷さんらしいですね!

 

細谷さんには、幼い頃のトラウマがあったようです。

「楽しんでいたら、手痛いしっぺ返しを喰らう」

子供の時に父親に怒られた印象が強烈に残っているとのこと。

そのため、仕事をし始めた頃は楽しいと感じていなかった。

 

ですが、徐々に考えが変わって来たようです。

「楽しくなければ人生じゃない。楽しくなければ仕事じゃない」

 

まさにそのとおりだと思いました。

楽しくないことを続けて行くことは苦痛でしかない。

このような考えを持っておられるからこそ、現在まで活躍されているのだと感じます。

細谷佳正の声優を目指すきっかけや経歴について

細谷佳正さんは、高校時代に演劇部に所属されていた。

部長も務められており、高校卒業後も舞台をやりたいと思っていたようです。

大学に進学したいと考えていたが、受けた大学全てに落ちてしまった。

 

そんな時に、知り合いから東京で芝居をやっていると聞いて、そのまま上京。

同じくらいのタイミングでたまたま見た「機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-」

この映画の山寺宏一さんが演じていた「北辰」のワープシーンを観て感動したとのこと。

それがキッカケで声優を目指すようになられたようです。

 

2002年に東京アナウンス学院を卒業し、マウスプロモーションの養成所に入る。

 

2004年にマウスプロモーションに所属しています。

デビューした頃は、海外ドラマや映画の吹き替えがメインでした。

 

2007年に「テニスの王子様」のOVAで白石蔵ノ介を担当。

この作品により細谷さんの知名度が上がったようです。

 

2014年に、第8回声優アワード助演男優賞を受賞されている。

また、この年の7月1日から所属事務所を辞めてフリーとなっています。

 

2016年にも、第10回声優アワード助演男優賞を受賞。

 

2017年の4月に喉を壊したことにより休業し、治療に専念されている。

8月6日の仕事から復帰しています。

 

高校の時から演劇をされていたのが、現在の演技に生かされているようですね。

通っていた高校については、尾道高等学校とのこと。

舞台に上がるために上京したのに、そこから声優になることに切り替える判断の良さが凄い!

現在はフリーで活躍されているのも、仕事に対して真面目だからでしょう。

細谷佳正のアニメ出演作品

2004年から活動をされている細谷佳正さん。

アニメ作品に出演されたのは2005年の頃からのようです。

デビューしてから現在(2019年)までの間に様々な作品に出演されている。

ここでは、細谷佳正さんの出演されたアニメ作品の中でも、メインキャラを担当されている作品のみを紹介します。

 

2010年

・刀語(鑢七花)

2011年

・ちはやふる(綿谷新)~2019年

・NO.6(ネズミ)

・レベルE(筒井雪隆)

2012年

・イクシオン サーガ DT(ペット)

・妖狐×僕SS(反ノ塚連勝)

・銀河へキックオフ!!(降矢凰壮)

・黒子のバスケ(日向順平)~2015年

・坂道のアポロン(川渕千太郎)

・新テニスの王子様(白石蔵ノ介)

・ROBOTICS;NOTES(日高昴)

2013年

・君のいる町(桐島青大)

・ジュエルペット ハッピネス(真田幸介)~2014年

・進撃の巨人(ライナー・ブラウン)~2019年

・ストライク・ザ・ブラッド(暁古城)~2014年

・ダイヤのA(結城哲也)~2019年

・BROTHERS CONFLICT(朝日奈侑介)

2014年

・テラフォーマーズ(膝丸燈)

・アカメが斬る!(ウェイブ)

・一週間フレンズ。(桐生将吾)

・オオカミ少女と黒王子(日比谷健)

・神々の悪戯(ロキ・レーヴァテイン)

・ハイキュー!!(東峰旭)~2016年

・棺姫のチャイカ(アルベリック・ジレット)

・ブラック・ブレット(片桐玉樹)

2015年

・アルスラーン戦記(ダリューン)~2016年

・終わりのセラフ 名古屋決戦編(鳴海真琴)

・SHOW BY ROCK!!(ロム)~2016年

・対魔導学園35試験小隊(草薙タケル)

・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ヴェルフ・クロッゾ)

・デス・パレード(ギンティ)

・電波教師(七海征十郎)

・ミカグラ学園組曲(九頭竜京摩)

・落第騎士の英雄譚(倉敷蔵人)

2016年

・文豪ストレイドッグス(国木田独歩)~2019年

・ジョーカー・ゲーム(小田切 / 飛崎弘行)

・田中くんはいつもけだるげ(太田)

・ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-(左右田和一)

・僕のヒーローアカデミア(常闇踏陰)~2018年

・はんだくん(筒井あかね)

・斉木楠雄のΨ難(窪谷須亜蓮)~2018年

・ALL OUT!!(赤山濯也)~2017年

・WWW.WORKING!!(斉木恒輝)

2017年

・超・少年探偵団NEO(7代目明智小五郎)

・喧嘩番長 乙女 -Girl Beats Boys-(吉良麟太郎)

2018年

・されど罪人は竜と踊る(ギギナ・ジャーディ・ドルク・メレイオス・アシュレイ・ブフ)

・寄宿学校のジュリエット(土佐健斗)

・ゴールデンカムイ(谷垣源次郎)

・火ノ丸相撲(日景典馬)~2019年

・デビルズライン(沢崎孝)

・BANANA FISH(フレデリック・オーサー)

・覇穹 封神演義(黄飛虎)

2019年

・Fairy gone フェアリーゴーン(ウルフラン・ロウ)

・明治東亰恋伽(岩崎桃介)

・この音とまれ!(高岡哲生)

・彼方のアストラ(カナタ・ホシジマ)

 

2012年から出演作品数が一気に増えています。

また、メインキャラを担当することが多い印象がある。

2017年に関しては、上記でも紹介しているように休業されていたため少ない。

私が最初に細谷佳正さんを強く印象付けてくれた作品は、「ストライク・ザ・ブラッド」です。

この時に暁古城の声と演技を聞いてから、ずっと大好きな声優の一人。

他には「妖狐×僕SS」「進撃の巨人」「ダンまち」ですね。

どの作品でも、細谷さんの声は聞いて直ぐにわかるようになりましたw

最後に

声優の細谷佳正さんについてまとめてみました。

最初は舞台をするために上京していたが、声優になろうと方向転換する。

そして、2004年にデビューしてから現在まで仕事をしています。

途中に事務所を辞めてフリーになったり、喉の調子が悪くなって休業と大変な次期があった。

 

アニメには2005年から出演されており、2012年からメインキャラを担当することが多くなっている。

メイン以外にも出演作品数は多く、人気声優の一人であり私の大好きな声優さんですね。

今後も様々なアニメ作品に出演されることを期待したい!

アニメや声優に興味がある方へ、無料で資料をもらうことができます。

詳細はこちらの記事から↓

【アミューズメントメディア総合学院】資料請求する方法を紹介!アニメ業界や声優を目指す方へ