声優石川由依さんについてまとめています。

2007年からアニメ声優としてデビューされ、現在も多くの作品に出演されている。

進撃の巨人のミカサ役が多くの方の印象に残っているでしょう。

声優、石川由依さんの性格声質、声優になったきっかけ経歴・アニメ出演作品について紹介しています。

【アミューズメントメディア総合学院】資料請求する方法を紹介!アニメ業界や声優を目指す方へ


石川由依の性格や声質などプロフィール


石川由依(いしかわゆい)さんの愛称は「いっしー」「ゆいっしー」。

出身は兵庫県で、2019年7月現在の年齢は30歳。

誕生日は1989年5月30日。

身長は161センチで、血液型はAB型。

趣味・特技はクラシックバレエ、ダンス(ジャズ・タップ)。

 

所属している事務所は、mitt management

2019年4月までは劇団ひまわり系列の砂岡事務所に所属されていました。

 

性格は、明るくてノリが良いと言われています。

イベントなどでもトークが面白いとのこと。

また、見た目が可愛いこともあってより人気が高い。

少し天然な所があるのも魅力の一つでしょう。

 

声質については、「芯のある声」「かわいい声」などの意見があります。

また、小松未可子さんや坂本真綾さんに似ているとも言われている。

キャラに合わせた演技により声も変化させておられるので、似ていると感じることもありますね。

調べて見て、声質の評価が高いのもそうですが、それ以上に演技力の評価が非常に高い印象を受けました。

演技については、テクニックではなく気持ちを大切にしているとのこと。

キャラの声のイメージを作る際には、原作があれば必ず読むようにされているようです。

そこで脳内で聞こえてくる声に寄せるイメージ。

石川さん曰く、クールキャラはもともと得意ではないとのこと。

クールなキャラは気持ちを溜め込んだり表に出さないため、演じていて不完全燃焼みたいに感じられることもあるようです。

なので、元気なキャラと両方やれたら楽しいと言われている。

 

歌唱力の評価が高く、これまでに多くのキャラソンを歌われています。

「透き通った歌声で心が洗われる」と言われている。

現在はアーティストとしては活動されていないようですが、ファンからは期待する声があるとのこと。

石川由依の声優になったきっかけや経歴について


石川由依さんは6歳で劇団ひまわりの所属となっています。

小学生の時にはパフォーマンスライブ「ドリーム・クエスト」で歌やダンスを披露されている。

中学生の頃には名作ミュージカル・シリーズでは主演を多く務められた。

 

当時、劇団に入っていて舞台をやっていたため、声優という選択肢は無かったようです。

ただ、一緒に舞台をやっている友達に声優をしている人もいたり、公演にアニメ関係の方が来てくれたことがあった。

それから数年後に、オーディションに参加してみないかと誘われたことがきっかけで声優をされるようになったとのこと。

 

2004年、高校1年生の時に砂岡事務所に移籍する。

 

2007年にアニメ「ヒロイック・エイジ」でアニメ声優デビュー。

 

2014年には、第8回声優アワードの助演女優賞を受賞された。

 

2019年4月いっぱいで砂岡事務所を退所。

5月に新しい事務所「mitt management」に所属されています。

石川由依のアニメ出演作品


主に舞台をメインに活動されていた石川由依さん。

そのため、アニメの出演数に関しては多くはないようですね。

そんな中でも、メインキャラを担当されることが多い。

助演女優賞を受賞されていることからも、演技力の評価が高いことがわかる。

ここでは、石川由依さんが出演された作品の中でも、メインキャラを担当されたアニメのみを紹介。

 

2007年

・ヒロイック・エイジ(ディアネイラ)

2013年

・進撃の巨人(ミカサ・アッカーマン)

・ガンダムビルドファイターズ(コウサカ・チナ)

・ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜(ユティカ)

2014年

・アイカツ!(新条ひなき)

2015年

・進撃!巨人中学校(ミカサ・アッカーマン)

・蒼穹のファフナー EXODUS(水鏡美三香)

2016年

・クオリディア・コード(宇多良カナリア)

・ガーリッシュナンバー(片倉京)

2017年

・エロマンガ先生(高砂智恵)

2018年

・ヴァイオレット・エヴァーガーデン(ヴァイオレット・エヴァーガーデン)

・デビルズライン(平つかさ)

2019年

・けものフレンズ2(キュルル)

・アサシンズプライド(エリーゼ=アンジェル)

・アズールレーン(エンタープライズ)

 

2007年にデビューされ、2012年まではほとんど出演されていませんでした。

代表作は「進撃の巨人」「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」「デビルズライン」など。

この3作品が強く印象に残っていますね。

ミカサヴァイオレットは大人しいキャラで、平つかさは明るいキャラでした。

本当に大好きな声なので、聴いているだけ満足できるw

最後に


声優の石川由依さんについてまとめてみました。

幼い頃から劇団に所属されていた経験から演技力が凄い理由が分かりますね。

綺麗な声で大人しくて冷静なキャラの印象が強い。

大好きな声優の一人なので、今後も多くのアニメ作品に出演して欲しいなと思います!

アニメや声優に興味がある方へ、無料で資料をもらうことができます。

詳細はこちらの記事から↓

【アミューズメントメディア総合学院】資料請求する方法を紹介!アニメ業界や声優を目指す方へ