アニメ「七つの大罪」のエリザベスメリオダスの関係についてまとめています。

二人がアニメで最初に出会ったのは、豚の帽子亭にエリザベスが錆びた鎧を着て訪れた所。

それから二人は一緒に旅をしていく中でお互いに好きになって行く。

後に3000年前から出会っており、現在まで呪いにより受け継がれている。

ここでは、エリザベスメリオダス結婚できるのか、二人の出会いについて紹介しています。

七つの大罪の1・2期のアニメ動画を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介


七つの大罪のエリザベスとメリオダスの出会いについて

アニメでは1話から二人は出会っています。

メリオダスが店主の「豚の帽子亭」の客たちにの間で噂になっていた「さまよう錆の騎士」

すると、店のドアを開けて入ってきたのは、フラフラした錆びた鎧を着た者。

客たちは、噂の錆の騎士だと怯えて店から出ていってしまう。

 

メリオダスが「お前誰だ?」と声をかけると、騎士は答えること無く倒れてしまった。

鎧の中には女の子がいて意識を失っていたので、ベッドに寝かせる。

メリオダスは、女だと見てわかるはずなのに、わざと確認するという名目で胸を触った。

目覚めた女の子は、状況が理解できていない様子。

 

メリオダスが料理を作ってあげたが、女の子は一口食べると固まってしまう。

「どうだ。まずいだろう」とメリオダスが聞くと、「ハイ」と答えた。

しかし、女の子は涙を流しながら「でも、すごくおいしい」と言う。

 

鎧を着ていたのは「七つの大罪」を探す旅をしていたようです。

すると、店に聖騎士に使える部下が、錆の騎士を捕まえに来た。

女の子は聖騎士という言葉に怯えている。

ホークに鎧を着せ、上手くごまかそうとしましたが、女の子が裏から逃げる姿を見られてしまう。

 

メリオダスが助け、再度話を聞いてみると王都で聖騎士達が王族に反旗を翻した

この聖騎士達を止めるためには七つの大罪の力が必要とのこと。

話をしていると、突如後ろから王国の騎士の攻撃により足元が落ちる。

メリオダスは女の子とホークと下に落ちていた男を助けていた。

 

騎士は、女の子のイヤリングに気づくと「エリザベス王女」と言う。

エリザベスはリオネス王国の第3王女とのこと。

騎士によると、エリザベスを見つけたら生きたまま連れて帰るという指令があるにも関わらず殺そうとする。

エリザベスは旅の不安やメリオダスの優しさから、巻き込みたくないと泣きながら話した。

その姿にメリオダスは過去の出来事を思い出し、自分が「七つの大罪のメリオダス」だと打ち明ける。

 

メリオダスは10年前から姿が変わっていない。

騎士が攻撃をしますが、メリオダスは無傷で騎士がボロボロになっていた。

最後には騎士を吹き飛ばして決着。

その後、メリオダスとエリザベスの七つの大罪を探す旅が始まる。

七つの大罪のエリザベスとメリオダスは16年前に出会っている


アニメ1話のメリオダスの反応を見ていると、エリザベスの事を知らない風な態度をとっていました。

ですが、後の話を見ていくと分かったのですが、メリオダスは赤ちゃんの頃のエリザベスを救出している。

10年前の王都転覆事件の時までエリザベスのそばにメリオダスはいました。

 

伏線としては、メリオダスがダナフォールでリズが死亡したシーンを思い出していた所。

初めて見た時は、一瞬だったので何の事だかわかりませんでしたが、後にわかります。

 

別の記事でまとめていますが、エリザベスはリズの生まれ変わり

リズが死亡して生まれ変わったエリザベスをメリオダスが抱いていました。

そして、エリザベスは国王の養子となり。メリオダスはエリザベス専属の聖騎士になる。

七つの大罪のエリザベスの前世は最高神の娘?犯した罪や呪いについても

七つの大罪のエリザベスとメリオダスは前世から出会っている

上記でも紹介しているリズはエリザベスの前世にあたる女性です。

ですが、二人は3000年前に出会っている。

この時、メリオダスは魔神族エリザベスは女神族(一番最初の前世)

メリオダスは現在も魔神族ですが、エリザベスは人間です。

 

メリオダスに関しては、ずっと記憶を残したまま生き続けています。

エリザベスは、死亡すると記憶を無くして人間として生まれ変わる

呪いを受けている影響で、これまでにエリザベスは107回生まれ変わっているとのこと。

また、メリオダスは106回も目の前でエリザベスが死亡する姿を見てきています。

七つの大罪のエリザベスとメリオダスは両思い

3000年前のエリザベスとメリオダスは、お互いに敵同士の種族でありながら恋仲になっていた。

二人共が全種族を融和する目的を持っており、協力して闘っていたようです。

後に、魔神王と最高神に裏切った罪により二人は殺され呪いをうける。

 

メリオダスはずっと記憶を残していますが、エリザベスは転生するたびに記憶を無くす。

記憶を無くしていても、必ずお互いに惹かれ愛し合う。

エリザベスの前世の記憶は、途中で全てを思い出すようになっているとのこと。

しかし、記憶が完全に蘇ってしまうと、3日後に必ず死ぬという呪いの効果があった。

3日後と分かっていても、どのような力を使おうが絶対に防ぐことができない。

 

現在のエリザベスもメリオダスと共に旅をしていく中で、好きになっています。

メリオダスに関しては、ずっと好きな気持ちは持ち続けているのはわかる。

二人が両思いなのですが、呪いを何とかしないことには同じことの繰り返しになってしまう。

七つの大罪のエリザベスとメリオダスはその後は結婚できる?

二人はお互いに好きなのは分かっているので、呪いを消すことができれば結婚するでしょう。

アニメ2期の最終話を見ている限りでは、いつでもゴールインできると思います。

ここからは、原作で二人の関係がどのようになっているかを紹介。

七つの大罪のエリザベスとメリオダスは魔界へ

メリオダスとエリザベスの呪いについては、全ての闘いが終わって消すことができたようです。

魔神王を倒し、二人の呪いをマーリンの魔力により可視化させ、メリオダスが消滅させた。

エリザベスは前世の記憶が2日前に蘇っていたので、残りが1日だったので、何とか間に合っている。

 

全てが終わり、みんなで宴会をしている中、メリオダスはバンにだけ魔界へ戻ることを伝えます。

しかし、皆がうすうす感づいており、エリザベスもわかっていた。

そして、エリザベスはメリオダスと共に魔界へ行く事を決意します。

七つの大罪の310話でエリザベスが死亡?

5月15日の少年マガジンで掲載されていた310話で、エリザベスが死亡したような内容が書かれている。

メリオダスと共に魔界へ行こうとして、みんなに別れの挨拶をしていました。

エリザベスが先に歩き、メリオダスも皆に別れを告げていた所で、エリザベスの上から大きな岩が落ちてきて潰されてしまう。

もしかすると、呪いの影響かもしれません。

 

私を含め、読んでいる誰もがハッピーエンドで終わると思っていたと思います。

309話の最後にクライマックスと書いてあったので、普通に終わると感じていた。

310話で二人が魔界へ行き、311話でその後の内容で最終回という展開。

311話がどのような展開になるのか気になりますね。

できることなら死亡せず、無事に魔界で結婚して欲しいなと願っています。

最後に

七つの大罪のエリザベスとメリオダスの関係についてまとめてみました。

アニメ1話で出会っている時のメリオダスは、エリザベスだと分かっていたのでしょう。

泣いていたエリザベスを見て、リズを思い出していたシーンが後の伏線でしたね。

 

お互いに両思いなのは3000年前からです。

魔神族と女神族という敵同士の二人が恋仲になり、罪を犯したことで呪いまでかけられている。

エリザベスはこれまでに107回も転生しており、メリオダスは最愛の人が106回も目の前で死んでいます。

メリオダスはずっと記憶を残した状態なので、相当辛かったと思います。

 

原作がクライマックスなので、二人が結婚してハッピーエンドで終わると思っていました。

309話で、エリザベスがメリオダスと共に魔界へ行くことを決意する。

この時の私の予想では、魔界で二人は結婚してその後という展開になると考えていました。

ですが、310話でエリザベスが大きな岩で潰されるような表現が書かれている。

二人には、そろそろ幸せになって欲しいなと願っています!

七つの大罪のアニメを無料で見れます!
詳細はこちらの記事から↓
七つの大罪の1・2期のアニメ動画を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介