【ダンまち2】12話(最終回)のネタバレ・感想・キャスト紹介

2019年7月より放送されているアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ」。

2015年に第1期が放送されており、人気のあるファンタジーアニメ作品です。

OVAとして1期の最終話の続きが描かれており、女性キャラの温泉シーンを見ることができますよ。

第11話から、ラキア編へと突入しています!

【ダンまち2】6~8話の内容や感想はこちら

【ダンまち2】9~11話の内容や感想はこちら

【ダンまち2】12話(最終回)の内容ネタバレ


12話「女神と眷属(アイノウタ)」


谷底から落ちた後、ベル・ヘスティアとアイズの3人は山間にあった村の村長の家にお世話になっていた

ヘスティアは目を覚ましたが、熱がありまだ頭がぼんやりするとのことで調子は良い状態。

アイズは村の外の様子を確認に出ていた。

ヘスティアが今回のことを謝っていると、部屋に村長とその娘がヘスティアの様子を見に来てくれる。

村長は優しく対応してくれ、家を好きに使ってくれて良いと言ってくれた。

 

村の外から戻ってきたアイズは、ラキア軍やアスフィの姿が無かったと言う。

近くにはいないようですが、迂闊に動かない方が良いということでもう少し村でお世話になることに

村長は何かのエンブレムを見ていた。

 

次の日の朝、ヘスティアにご飯を「あ~ん」して食べさせていたベル。

村の子供たちが様子を見に来たり、村長の娘は親切に対応してくれる。

今夜、この村では豊穣を祈る祭りがあるということで、村は祭りの準備で盛り上がっていた。

そこで、ヘスティアはお世話になっていることから、ベルに祭りの準備を手伝うように言う。

 

手伝いに向かおうとした所で、村の人から借りた服を着ているアイズと会った。(アイズ村娘Ver)

そして二人で祭りの手伝いに行くことに。

 

手伝いが一段落した時、村に祀られている黒い大きな岩のようなモノを見つけた。

村人はその黒いモノは「黒竜のウロコ」だと言う。(三大クエスト最後の一体)

過去に英雄によりオラリオから飛び去った際、この村に欠けたウロコ十枚ほど落ちてきたようです。

祀っているのは、村はモンスターに襲われず安心して過ごせるのはこのウロコのおかげだから。

大抵のモンスターはウロコの存在により近づかず、この村にとっては冒険者や神様より自分たちを助けてくれる存在だと感じていた。

ベルが村人と話を終えると、近くでウロコを見ていた(睨んでいた)アイズは「これは神なんかじゃない」と言う。

 

寝ているヘスティアの様子を見ていた村長の元にベルが戻って来ると、村長はベルに時間をくれないかと言い二人で話をすることに。

村長はどこかのファミリアのエンブレムを見せると、自分が過去にファミリアに属していたことを話し始める。

神様と慕い愛し合う関係となっていたようですが、ある時モンスターに襲われた際に女神が村長を庇って天界へと送還されたとのこと。

何度も後を追うことを考えたようですが、救ってもらった命を捨てることが出来ずこの村に辿り着いたようです。

最後に村長は「どうかあの方を、女神様を大切になさって下さい」と自分のように後悔しないようにとベルに伝えた。

ヘスティアはだいぶ体長が戻っていたが、寝ていればベルが看病してくれると考えもう少しこのままでいようとする。

そこに食事を持ってきたアイズに今回のことに対してお礼を言う。

ヘスティアはアイズにベルのことをどう思っているのか聞くが、アイズは「ウサギ?」と答えた。

その答えにヘスティアは喜び「ぼくは君を信じていたよ!」と言いながらアイズの肩に手を置く。

「ただ、あまり可愛がり過ぎないでくれたまえ。ウサギは結構調子に乗るからねぇ~」

その夜、3人で村の祭りに参加すると村人達は豊穣の踊りを始めた。(ヘスティア村娘Ver)

豊穣の踊りとは、結婚していない男からの誘いは「告白」を意味し、相手が受け入れれば恋人成立となるとのこと。

それを聞いたヘスティアはニヤリとしながらベルを見ていた。

村人がヘスティアに踊って欲しいとお願いする。

 

「ベルくん。僕は急遽、神としての務めを果たさねばならなくなってねぇ。ぼくを誘って一緒に踊ったなら、例の件は水に流そうじゃないか」

ベルは村長の言葉や村人に後押しをされ、「ど、どうか僕と踊って下さい。神様」とヘスティアを踊りに誘った。

踊りながら、ベルはヘスティアのことは尊敬し一番大切な存在だと思っていたが・・・。

すると、村長の娘のリナが息を切らしながら走って来て、涙を流しながら「父が、村長が!」と言ったためベル達は村長の元へと集まった。

 

村長はヘスティアを見た時に女神「ブリギッド」を思い出したと言う。

ヘスティアは親友だと言い、天界では遊んだり喧嘩をしていたようです。

最後に村長は、天に帰る自分はブリギッドと会えるかと聞く。

「きっとブリギッドが見つけ出すよ。あの子は執念深いんだ」

 

村長がブリギッドに護れなかったことを謝りながら手を伸ばすと、ヘスティアは髪留めを外して村長の手を握った。

「ありがとう、カーム。私を愛してくれて」

村長は最後にブリギッドの姿を見て涙を流しながら息を引き取った。

 

ベルは、天に帰った村長がブリギッドと出会えるかをヘスティアに聞く。

ヘスティア曰く「天に帰った魂は真っ白な状態に戻され、何もかも忘れてこの下界に戻ってくる」ということで難しいようです。

 

「人間と女神が愛を誓い合う」ということに未だに抵抗を感じていたベル。

人間は先に死んでしまうため、その後残してしまう者の気持ちを知っているからこそ神様と愛し合うことに恐れていた

「僕たちには終わりが来ます。いつか何もかも忘れることができる。でも神様達は永遠です。あの痛み、ずっと抱えるなんて」

 

ヘスティアは深く考えないようにと言うが、ベルは首を横に振る。

「なぁベルくん。ぼくたちと君たちは、同じ時を生きていけないかもしれない。でも、ぼくはずっと君の側にいるよ」

「君がどんなに歳をとっても、おじいさんになっても、ずっと一緒にいるよ。離したりするもんか」

ヘスティアの言葉にベルは涙を流す。

「たとえ死が、ぼくたちを引き離したとしても、ぼくは必ず君に会いに行く。何百年、何千年、何万年かかったとしても、生まれ変わった君に、ベルくんじゃなくなった君に会いに行くよ」

「そして言うんだ。ぼくの眷属に、ファミリアにならないかって」

「だからベルくん、怖がらないでおくれ。僕たちとの愛を」

 

「僕は、僕は、神様と一緒にいたいです。」

「ずっと一緒にいるよベルくん」

 

そして、ベル・ヘスティア・アイズは村を出てオラリオへ向かうことに。

また村に遊びに来ようとベルが言うと、その時はアイズも一緒に行くと言うがヘスティアはロキ・ファミリアで行けばいいと怒る。

その様子を上空からアスフィが見ていましたね。(アレスも捕まってました)

無事にベル達はホームへと帰還し、みんなと再会した。

ダンジョンの中、壁から突如現れた謎の少女。

【ダンまち】謎の少女ウィーネの正体は異端児?ベルとの出会いや名付けについても

そして、アニメ第3期が確定!!!

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ」2020年夏に放送開始予定!!!

また、新作OVAが2020年1月29日に発売予定!



【ダンまち2】12話(最終回)の感想

最終回まであっという間に終わってしまいましたねw

スタッフ・声優の方々へ、2期の制作お疲れ様でした!

今回も非常に面白くて盛り上がる内容で、最後まで楽しく見れたことに感謝です!

そして、第3期も確定してくれたことでより嬉しさが倍増しましたw

3期・新作OVAの制作を応援しています!

 

最終回の内容としては、最後のベルに対するヘスティアの言葉が感動しました。

あそこまで一途にベルのことを想っているのですから、流石にベルもしっかり向き合って答えないとw

最後に登場した謎の女の子も気になりますし、CVが日高里菜さんということで、3期が楽しみ過ぎる!

この続きが見れると思うと今から待ちきれないですねw

【ダンまち2】12話(最終回)のキャスト

ベル・クラネル:松岡禎丞

ヘスティア:水瀬いのり

ヘルメス:斉藤壮馬

ミアハ:古川慎

カーム:津田英三

リナ:古賀葵

村人:山本兼平・関山美沙紀

ウィーネ(ヴィーヴル・竜女):日高里菜

最後に【ダンまち2】の動画が配信されているサービス一覧

ダンまちのアニメ1期と2期を無料で見ることができます!

詳細はこちらの記事から↓

ダンまち2期の見逃し配信を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介