【ダンベル何キロ持てる?】8~10話を見逃した方に内容・感想・無料視聴する方法を紹介


2019年7月より放送されているアニメ「ダンベル何キロ持てる?」。

食べることが大好きな女子高生の紗倉ひびき

友人の上原彩也香から「ひびき、お前また太った?」の一言が心に突き刺さった。

夏休みまでに痩せることを目標にジムに通うことに。

 

「シルバーマンジム」の体験に行った際、同じ学校の優等生「奏流院朱美」と出会う。

また、ジムのトレーナー「街雄鳴造」が爽やかイケメンだったため、即座に入会した。

尋常じゃないほどの食欲を持つひびきが、「深くて楽しい筋トレの世界へと足を踏み入れることに」

【ダンベル何キロ持てる?】11・12話(最終回)を見逃した方へ内容と感想を紹介!動画配信されているサービスについても

【ダンベル何キロ持てる?】8話の内容紹介


第8話「遭難したらどうする?」

立花先生は、学校終わりに愛菜先生呉先生に食事に誘われるが用事があるため後で合流すると言って帰って行った。

最近、立花先生が忙しそうにしていることから、呉先生は彼氏が出来たのではと考えたが、食い気味に愛菜先生が力強く否定する。

二人は、立花先生がジムに通っていることを知らなかったが、机の上に忘れられていたジムの会員カードを見つけた。

立花先生がジムに行くと、先生二人がカード渡しに来たついでにジムの無料体験をするとのこと。

そこにはいつも通り、ひびき・朱美・沙也加・ジーナの姿もあった。

愛菜先生は「最近の女子高生は筋トレがブームなのか?」と言うと、立花が「あの娘達が特殊なだけよ」と言った。

呉先生は最近運動不足だったため体型の崩れを気にしていたが、愛菜先生が「スタイルいいじゃないっすか。この中で最年長なのに」と言うと、呉先生は「悪気はなさそうだから、今回は聞かなかったことにしとくわね。」と笑顔で怖い雰囲気を出すw

 

そこに街雄が声をかけて来たことで、立花先生が爽やかイケメン狙いでジムに通っていると断定し、呉先生からは「スケベ女」認定された。

気になる部位を聞かれた愛菜先生は、脇腹の肉を気にしていた。

たまに腹筋をしていたようですが、変化を感じていなかったようです。

そして、お腹周りの筋肉の説明をするために、ジャージを弾き飛ばし説明を始めた。

※愛菜先生と呉先生は、初見にも関わらず服のことは全く突っ込まなかったw

【街雄トレーナーの筋トレ講座】

腹筋の鍛え方

腹筋は大きく4つに分かられる。

・正面:腹直筋~腹横筋(インナーマッスル)

・斜め:外腹斜筋~内腹斜筋

脇腹を引き締めるには外腹斜筋~内腹斜筋を鍛える。

 

前に講座でもあった「バイシクルクランチ」もその一つ。

今回は道具を使用する場合の「サイドベント」を紹介。

・基本姿勢:背筋を伸ばし、足は肩幅に開いて、道具(ダンベルや買い物袋など)を持ってない方の手は後頭部のあたりに・ダンベルを持っている方に上体をゆっくり曲げてゆっくり戻す(反動を付けたり体勢が崩れてはダメ)

この時、腹斜筋収縮を意識しながら15回~20回が目安。(最初は目安の回数ができる重さで、慣れてくれば徐々に重くする)

※逆方向(ダンベルを持っていない方)に曲げると刺激(負荷)が強化される。

呉先生はいきなりなかなかの重量のダンベルを持ちながら強度アップバージョン(逆方向)をこなしていた。

街雄も会った時から筋肉のバランスが良かったことに気づいていて、アスリート並だと高評価。

立花先生が何かスポーツをやっていたのかと聞くと、呉先生は目を開いてニヤっとしただけだったため、立花先生は深堀りしてはいけないと察知w

二人の先生は、それぞれの家の近くにあるジムに通うようにしたとのこと。(ジーナは先生二人もアイドルに引き込もうと企んでいたw)

 

11月、ひびき達は学校の課外授業で登山をするために山に来ていた。

その山は「餓鬼ヶ原樹海の中にある苦死山(通称:死者の山)」と言われている。

事前に調べているようですが、「たぶん」とつけるため生徒達は不安に感じていた。

 

登山が始まり、立花先生と愛菜先生は疲労が激しかった。(ひびきは空腹)

生徒たちの先頭歩く呉先生を見て、立花先生「凄いわね。最年長者」愛菜先生「中年の星だな」と評価。

それを聞いていた呉先生は、立花先生はセーフで愛菜先生はあとでお仕置きが決定w

 

【山の歩き方(アドバイザー:呉先生)】


最初に、山道は道路のように整備されていないため注意が必要。

同じ感覚で歩いてしまうと余計に疲れてしまうようです。

 

・背筋を伸ばし、体をまっすぐ・膝をしっかりと曲げて歩く

・足の裏全体で着地する

・歩幅は小さく

・歩くペースは一定

 

自宅で練習する場合は、踏み台(束ねた本)を使った昇降運動がおすすめ。

階段を上り下りする感覚で、目標は20分

テレビや音楽を聞きながらでもOK!

 

先生二人とひびきが実践すると、だいぶ楽に登れるようになりテンションが上り、途中で分かれ道を逆に行ってしまう。

※その頃、シルバーマンジムでは街雄のプロテインがダマになっていたため、嫌な予感がすると感じていた。(特に関係ない)

別ルートを行ってしまったことで、3人は山で遭難してしまった。

慌てる立花先生を落ち着かせ、ひびきと愛菜先生は遺書を残そうとするw

「肉と落ち 肉と消えにし 我が身かな 脂肪のことは 肉のまた肉」

二人は立花先生以上に動転して後ろ向きな考えとなっていた。

次は身元が直ぐに分かるように、免許証と学生証を準備w

 

生きて帰るために、立花先生は木に登って周辺の地理を確認しようとする。

【里美先生の木登り講座】


木登りは、全身の筋肉を無駄なく使うため、器具では鍛えられない自然な体の使い方を習得できる優秀なトレーニング。

ここで紹介するのは「ロープクライミング」

 

・ロープを掴んで体を引き寄せる。(最初は足も使って)上腕二頭筋や大円筋などの引き寄せる際の筋肉が鍛えられます。

慣れてくれば、下半身を使わず上半身のみでロープを登るのが良い。

「ロープ一本で可能性は無限大!ロープクライミングでマッチョ道を上り詰めましょう!」

 

3人は必死に木に登ろうとチャレンジするが、全く登れなかった。

その頃、山頂から朱美・沙也加・ジーナにその姿を観察されていましたw

3人がいたのは、山にあるアスレチックコーナーだったというオチ。

そして、次回に向けて最後に登場した街雄のことを知る謎のマッチョは誰なのか!

最後に紹介された筋トレは「ランジ片足10回ずつ」

足を前後に開いて、深く踏み込み元の姿勢に戻るを繰り返す。(周囲に迷惑のかからないように)

【ダンベル何キロ持てる?】8話の感想

相変わらず面白いしためになるし素晴らしいアニメですね。

早速家庭でできる筋トレを実践したいと思います!

 

呉先生愛菜先生が絡んできてより面白くなりましたね!

カクカクシカジカを「ムキムキデカデカ」で表現していたのが面白かったw

山で迷った時の3人の表情が面白くて笑いましたね!

皆でアイドル活動するのを見てみたいですw

 

街雄でもプロテインの補充を忘れることもあるのに驚いた!

最後に登場したマッチョより、お付きの人のCVが中村悠一さんだったのに気づかなかったw

【ダンベル何キロ持てる?】9話の内容紹介


第9話「神を見たことある?」

「オン成田空港」の入国審査官の検査する太郎は、かつてないプレッシャーに動揺していた。

前回の最後に登場したドゲゲンチョネッガースゲエサムが日本にやってきた!

今回はいつもより展開が早く最初から筋トレがスタート。

【街雄の筋肉講座】


背中を鍛えるトレーニングを紹介するよ!

背筋は「僧帽筋・広背筋・脊柱起立筋」に分けられる。

器具を使ったトレーニング方法として「シーテッド・ローイング」を紹介。

背中の筋肉をバランス良く鍛えることができます。

コツとしては、肩甲骨をギュッと寄せるイメージで、背中だけで引っ張るように意識しましょう!

 

器具を使わないトレーニング方法として「バック・エクステンション」を紹介。

うつ伏せの状態から、背筋を反らして上半身を伸ばす。

背筋や体幹を鍛えることができるオススメのトレーニング。

 

背筋を鍛えれば、猫背・肩こり・頭痛の改善や予防に繋がるとのこと。

前面の筋肉とバランスの取れるようにしていきましょう!

 

説明が上手な街雄は、過去に海外でトレーニングの勉強をしていたことがあるようです。

高校卒業後に海外の大学でスポーツ理論を習っていたとのこと。

立花先生と彩也香が話をしている間、いろいろなポージングをしていた街雄でしたが、急に表情が変わった

シルバーマンジムにアクションスター襲来


ひびきが街雄に尋ねると、街雄の大胸筋が何かに反応していると言う。

街雄の大胸筋は、強烈な肉プレッシャーによりドクンドクンと動いていた。

そこに現れたのが、来日したドゲゲンチョネッガー

圧倒的なマッチョ力にジムの者たちが肉圧に圧されていた。

日本に来た理由は、街雄に会うためだったようです。

 

サングラスを外すと、ひびきと彩也香は正体が分かって震えていた。

ドゲゲンチョネッガーは、映画「七人のコマンドー」の主演俳優だと言うが、二人以外のメンバーは誰も知らないw

アメリカ映画会に彗星のごとく現れた時代の象徴!

筋肉大好きアメリカ人のみならず世界中を魅了したアクションスター!

興奮する二人をよそに、3人はピンと来なかったが朱美だけは素敵な筋肉に興味を持つ。

 

しかし、立花先生は前に映画で見たことがあると思い出す。

「未来からやって来たロボットが少年を守るために戦う映画。アイル・ビー・バックが決め台詞の」

これは、ドゲゲンチョネッガーとは別の役者だったため非常に気まずいことのなった。

立花先生はひびきと彩也香から怒られるw

 

街雄が海外の大学でボディービルと出会い、その時の師匠がドゲゲンチョネッガーだった。

日本に帰国してからは一度も連絡がなかったのには理由があったようです。

街雄の連絡先の入った携帯を、うっかり池ポチャしてしまったとのことw(Nooo!)

また、街雄もポージング中に持っていた携帯を握り潰していたためお互いに連絡ができない状態だった。

偶然シルバーマンジムのサイトを見ていて街雄を見つけたため来日。

 

しかし、この出会いは偶然ではなく「筋肉の神の思し召し」

街雄が今までどのような筋肉道を歩んで来たかを見るため、ドゲちゃんが渡したのは「ハンドグリップ」

【ジーナと彩也香のハンドグリップトレーニング講座】


ハンドグリップはスポーツ専門店やホームセンターで売っています。

楽な強度の物ではトレーニングにならないし、一回も出来ない物もダメ。

10~15回できる強度の物を選ぶのがベスト!

 

やり方は:反動を使わずにグリッパーを握ってゆっくりと開く。

応用トレーニング:片手では握れない強度の物を、両手の力で無理やり閉じた状態を片手で持ち、できるだけゆっくりと開いていく方法。

ハンドグリップで鍛えられるのは「前腕の筋肉」

握力が鍛えられると、他のトレーニングのパフォーマンスの向上にも繋がる。

 

ドゲちゃんが渡したハンドグリップは、世界で3番目の強度を誇っているとのこと。

これを片手で閉じられるのは、世界でも100名ほどしかいないようです。

いざ、街雄が挑戦するとハンドグリップを握りつぶしてしまった

ドゲちゃんから合格をもらった街雄は、明日行われるドゲちゃん主催のボディビル大会に出場しろと言われる。

シリアスな場面だったが、立花先生一人だけ冷静に心の中でツッコミを入れていたw

 

次の日、ひびき達はボディービル大会の会場に来ていた。

朱美は深呼吸して「まるで故郷に帰ったような安らぎを感じるんです」と嬉しそうにする。

そこにドゲちゃんが登場し、ひびきと彩也香は腕にぶら下がり、朱美は素敵な筋肉にメロメロだった。(ジーナと立花先生がツッコミ役)

そして、ドゲちゃんは3人を腕と肩車をして特等席へと案内してくれる。

 

【ボディービル講座】


まずは、「フィジーク」「ボディビル」の審査基準の違いについて。

フィジーク:ボディビルに比べ細身・逆三角形で、顔・髪型・ハーフパンツのデザインで審査されるため下半身は鍛えていない。

ボディビル:大会ごとに規定されたポーズにより採点される。

最初は「リラックスポーズ」から始まり、規定ポーズへ。

 

フロント・ダブル・バイセプス:上腕二頭筋の盛り上がり(逆三角形のポーズ)フロント・ラット・スプレッド:広背筋が脇の下から大きく見える

サイドチェスト:横から見える厚み・大きさと胸の大きさを出す

バック・ダブル・バイセプス:大腿二頭筋や腓腹筋、下腿三頭筋の美しさと広背筋のカットの美しさ

バック・ラット・スプレッド:大腿筋の締りと広背筋の広さ

トライセプル:脚の太さと上腕三頭筋の太さ、カット

アブドミナル・アンド・サイ:脚の太さや大腿四頭筋のカットと腹直筋、外腹斜筋の絞り

この他にも「モスト・マスキュラー」を規定ポーズにする所もあるようです。

 

階級毎に決勝ではフリーポーズという演目が行われる。

自分の選んだ音楽に合わせて自由に演技をする。

最後に「ポーズダウン」:決勝戦出場者による優勝者決定のためのポージング。

出場者がポージングするたびに、観客からは熱い声援が飛び交う。

人数が多いとグループに分けて順番に行われる。

 

評価基準は初心者では無理とのこと。

筋肉が大きければ良いだけでなく、全身のバランス肌の艶の良さポージングの美しさ

それらを総合して評価されるようです。

神の降臨とアメリカ行きはNO!


遂に街雄が登場!

後に、この会場に来ていた観客は全員が街雄のポージングに「神を感じた」と証言した。

そして、出場していたマッチョ達は、全員が街雄の圧倒的な肉圧にひれ伏し優勝となった。

 

大会後、街雄はこの大会は普通の超一流しか出場していなかったと言う。

この大会自体がドゲちゃんの第2の試験だったとのこと。

ドゲちゃんは、自分の対等に戦えるビルダーを創り出すために多くの弟子を育ててきた。

決勝の舞台はラスベガスで、意気揚々と街雄を招待したドゲちゃんですが、街雄は仕事の都合上アメリカには行けないと断る。

「あぁ、そうなんだ」

 

次の日、ジムでは街雄の隣にドゲちゃんの秘書のスゲエサムがいた。

スゲエサムは、ドゲちゃんの指示で日本に残り街雄のトレーニングサポートをするとのこと。

用がない時はモブマッチョの中に混ざっていると笑っていたw「ハッスルマッスル」

【ダンベル何キロ持てる?】9話の感想

今回はドゲちゃん街雄の絡みが面白かったですねw

大会で皆が神を感じていましたが、いつもジムでやっているのは全力ではなかったのでしょう。

最後にアメリカ行きを断られたドゲちゃんが笑えましたねw

 

ジムや大会中、朱美がずっと筋肉にメロメロでおかしくなっていたのが、ずっと目に付きましたw

思っていた以上にドゲちゃんが絡みやすい感じで見た目と違って優しかったですね。

ひびきと彩也香にとって凄い俳優なのに、普通に腕にぶら下がったりしていたのが凄い!

 

今回はボディビルダーの大会やポージングについて勉強になりましたね。

最後にスゲエサムが日本に残ったのは驚きましたが、今後はモブマッチョとして参加するとのことなので楽しみが増えました!

【ダンベル何キロ持てる?】10話の内容紹介


第10話「クリスマスはお好き?」

12月になりクリスマスが近づいてきた。

そのため、街はイベントに力を入れていて装飾できれいになっていた。

クリスマスにはカップルの見物客が多いという話になるが、ひびき達は誰も彼氏がいない。

 

ジムでも4人は落ち込んでいたため、街雄は家族や友達と過ごすクリスマスも楽しいと言うが、4人は相当落ち込んでいた。

問題解決のために、良い筋トレがないかを考える。

立花先生は、朱美が落ち込んでいることが意外だった。

それを言われた朱美は、「私だって年頃の女子ですよ。」

朱美の理想「好きな言葉はバルクです!」とポージングしながら言うマッチョ。

それを想像して魂が外に出るほど興奮していたw

立花先生は、朱美が4人の中で一番欲求に忠実だと感じる。

 

そこから矛先が立花先生に変わり、4人から相手がいるのかと聞かれる。

「今は、いないわ」と答えると、4人は聞いてしまったことが申し訳なったと感じ、必死にフォロー。

 

ひびき「そっか、余計なこと聞いてゴメン」

彩也香「そのうちいい相手が見つかるって」

ジーナ「諦めちゃダメよー」

朱美「ファイトです。先生!」

立花「頼むから気を使わないで。逆に辛くなるから」

 

そこで街雄は、クリスマスにジムでイベントがあると言う。

このイベントには、時間帯が違う人達(大学生やスポーツ選手など)も参加するとのこと。

それを聞いた5人は目を光らせ、「参加します!」

5人は期待を膨らませていたが、ひびきは相変わらずずっと何かを食べていた。(この時はカップ焼きそば超特盛1560kcal摂取中)

そんなひびきを見て彩也香が「お前最近、リバウンドしてきてね?」と真面目に突っ込む。

ひびきは自覚がなかったようで、冬は美味しいものが多いからということで冬のせいにした。(自業自得)

特に二の腕辺りが気になっており、それを聞いた街雄は腕を引き締めるのに必要な「上腕三頭筋」の鍛え方をレクチャーする。

※その間ずっと朱美は魂がはみ出したままマッチョのことを考えていますw

 

【街雄の筋肉講座】

実際に腕の筋肉は、上腕二頭筋(1/3)より上腕三頭筋(2/3)の方が大きな筋肉とのこと。

そこで今回紹介するトレーニング「スカルクラッシャー」

ネーミングだけ聞くと物騒な感じがしますよね。

 

別名「ライイング・トライセプス・エクステンション」

・安全のため、バーの握りは「サムアラウンドグリップ」(親指をかけて握る)

・そして、肘を曲げてバーを額の生え際まで下ろす。(垂直より少し頭の方へ下ろす)

・三頭筋の収縮を意識しながら腕を伸ばす。

 

重要ポイント

肘を動かさないこと。(肘が動いてしまうと筋肉への負荷が半減)

また、このトレーニングをする際には「EZバー」を使用するのがオススメ!

手首への負担も軽く、狙った筋肉に力を効かせやすいようです。

「さあ、スカルクラッシャーで引き締まった二の腕を手に入れよう!」

 

彩也香が実践し、次にひびきがチャレンジする。

意気揚々と始めたひびきだったが、勢いよくバーを下ろしてしまい、バーが額に激突!

軽いようで重たく硬いので、実践する方はスカルクラッシュしないように気をつけて実践しましょう

その帰り道、5人はクリスマスパーティーで彼氏をゲットすることしか考えていなかった・・・。(ガチで出会いを求めていた)

クリスマスパーティーにコスプレで参加

クリスマスパーティーに参加した5人は、それぞれコスプレをしていた。(コスプレ特典:パーソナルトレーニング1回無料)

コスプレということで、立花先生は女王様のキャラになりきっていた。

「いざ!マンハントの時間よ!」と鞭を振り回すw

パーティーには、普段いないイケメン男子達がたくさんいたことに喜んでいたひびき達だったが、朱美は街雄を気にしていた。

そして、5人はそれぞれ良い男を見つけるため行動を開始。

 

会場が暗くなり、メインイベント「クリスマス大抽選会」が始まる。

街雄が進行役で、今回の目玉商品「栃木ディスティニーランドのペアチケット」

朱美以外はそのチケットを手に入れて男を誘うと考えた。

 

抽選が始まり街雄が右腕に力を入れ始め、右腕の部分の服が弾け飛ぶと腕に数字が書いてあった

そこから左腕→右脚→左脚→背中(広背筋)→お尻→大胸筋でフィニッシュ。

朱美は、それぞれのポージングは一種のトレーニングだと説明する。

 

【奏流院朱美の筋トレ講座】

ポージングは、そもそも「アイソメトリックス」という運動の一種。

筋肉を動かさずに収縮・緊張させた状態で一定時間維持するトレーニングのこと。

 

自分の体や壁・床などを使って、目当ての筋肉に負荷をかける。

60~70%の力を入れた状態で7秒間ポーズをキープ。

この時、呼吸は止めないように意識しましょう。

道具を必要としないため、どこでもやることが出来る。

 

目玉商品だったチケットに当選したのは立花先生!

最後に当選者全員で写真を取ることになり先生以外は男で、全員がポージングした瞬間に街雄のようにゴリマッチョだった。

その帰り道、朱美以外は参加していた男のほとんどが彼女や家庭を持っていたため、男をゲットできず落ち込んでいた。

立花先生は、チケット期限が年内だったため忙しくて行けそうにないと言う。(冬コミの準備)

すると朱美は先生にチケットを譲って貰った。

「いい機会だから誘ってみようと思って。街雄さんを」

朱美と街雄のTDLデート?立花先生は・・・


朱美は街雄を誘って栃木ディスティニーランド(TDL)へ。

気になったひびき・ジーナ・立花先生は二人の尾行をする。(彩也香はボクシングジムの強化合宿に参加中)

現在、TDLでは制服を来て楽しむのがブームらしく、立花先生も制服姿で行動していた。

アトラクションを楽しむ朱美と街雄を見て、普通にデートだと感じていたひびきとジーナ。(立花先生はコーヒカップで酔う)

 

16時になり、朱美と街雄は怪しいテントに入っていった。

気になったためひびきとジーナはテントに潜入すると、街雄と朱美がコスプレをしていた。

 

TDLでは、園内でコスプレができるというイベントが開催。

夏コミの時に街雄はコスプレにハマったようで、それを聞いた朱美が今回街雄を誘ったようです。

朱美の目的は、街雄の大胸筋のみ!(恋心は無いようですw)

アトラクションを楽しんでいる時も、ずっと街雄の大胸筋ばかりを見ていた朱美。

ひびきはいつもジムで見ているんだから、わざわざTDLにまで来る必要はないと言う。

「普段見慣れた筋肉でも環境が変わるだけで新鮮に感じるでしょ?ましてや街雄さんほど美しい大胸筋をしている人はそうは居ないわけだし・・・」とやばい目をしながらひびきに伝える。

街雄は、今回は大胸筋が良い仕上がりになっていると言う。(ナイス大胸筋!キレてるキレてる!)

 

【街雄の筋肉講座】

「インクラインベンチ」の紹介。

ベンチプレスの一種で、普通のとは鍛える場所が違う。

ベンチプレスは、大胸筋の真ん中辺りを鍛える。

インクラインベンチは、大胸筋の上辺りを鍛えるため、バストアップに効果がある。

 

角度は30~45度

バーを握る間隔は、肩幅より広く通常のベンチより狭く持つ。

ゆっくり下ろし、肩甲骨を寄せたまま垂直に上げる。

この時、脚の踏ん張りも意識するように。

 

重量は通常のベンチより軽めに設定するのが良い。

「目指せ!パーフェクトマッチョですぞ!」

その頃、立花先生は乗り物酔いでダウンしている間に二人に置いていかれ一人だった。

ですが、せっかくなら制服ディスティニーを楽しむことに。

「知り合いに見つかったら絶対死ねるな~」と笑いながらスキップしていると、目の前に制服を着た愛菜先生と遭遇

硬直した二人は、お互いになかったことにした。

【ダンベル何キロ持てる?】10話の感想

今回もいつもどおり何度も笑わせて頂きましたw

ひびきは相変わらず食べるのを我慢できずリバウンドってw

何のためにジムに通っているのか目的が分からない!

立花先生は相変わらず面白く、CVの堀江由衣さんの演技が大好きです!

 

朱美がまさかの街雄狙いだと思ったのですが、やはり大胸筋が目的だったw

パーティーの時に街雄を気にしていたのは、街雄がコスプレにハマっていることを知っていたから、それをさせるための伏線だったのですね。

ただ、街雄のためと言いつつも結局は違った場所で街雄の大胸筋を見たいという自分の欲求を叶えるため!

CVの雨宮天さんの演技が素晴らしいです!

今回の話はこれまで中でも非常に面白かったので、今後何度も見ますねw

 

最後に一つだけ、スゲエサムの存在感があり過ぎてモブになりきれていないw

街雄がクリスマスパーティーの説明をしている時、後ろでモブマッチョ達を話しをしているのが気になって街雄の説明が分からなかった!

中村悠一さんの演技は、メイドラゴンの滝谷に近い感じですねw

【ダンベル何キロ持てる?】8~10話のキャスト

紗倉ひびき:ファイルーズあい

奏流院朱美:雨宮 天

上原彩也香:石上静香

ジーナ・ボイド:東山奈央

立花里美:堀江由衣

街雄鳴造:石川界人

ジェイソン・スゲエサム:中村悠一

愛菜るみか:戸松遥(8・10話)

呉夜叉:大原さやか(8話)

ナレーション/ハーンノルド・ドゲゲンチョネッガー(8~9話):玄田哲章

ジムの会員:山根雅史(8話)

女学院生:菊池紗矢香・戸松ゆきな(8話)

観光客:藤井啓(9話)

ボディビルダー:相馬康一・鷲見昴大・山根雅史(9話)

物販:高尾奏音・小林康介(9話)

観客:和田将弥・加藤美佐(9話)

子供:紡木史佐(9話)

案内係:朝井彩加(10話)

ジムの会員:川田祐・山根雅史・松田裕市・中山祥徳(10話)

モッキー:緑川光(10話)

 

ここでは、ダンベル何キロ持てる?の見逃し配信が見れるおすすめの動画配信サービスを紹介しますね。

【ダンベル何キロ持てる?】見逃し配信されているサービス一覧

ダンベル何キロ持てる?のアニメ動画を無料で見ることができます!

詳細はこちらの記事から↓

【ダンベル何キロ持てる?】見逃し配信を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介