アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のヴェルフ・クロッゾについてまとめています。

ベルの兄貴のような存在で、鍛冶師としての腕も確かなヘファイストス・ファミリアの青年。

クロッゾの一族は、過去に魔剣を作れることで地位と名声を得た鍛冶貴族でした。

現在はヴェルフだけしか魔剣を作ることができませんが、ヴェルフは魔剣を嫌っているため断固として作ろうとしない。

ここでは、ヴェルフが魔剣を嫌う理由やクロッゾの過去、二つ名ファミリアについて紹介しています。

ダンまち2期の見逃し配信を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介



【ダンまち】ヴェルフが魔剣を嫌う理由とは?


アニメ1期の9話から登場しているヴェルフ・クロッゾ。

ヘファイストス・ファミリアに所属している鍛冶師です。

ベルが自分の作った装備を探していた時に出会い、専属の鍛冶師として契約した。

当初は鍛冶のアビリティを手に入れるという目的で、一緒のパーティーに入る。

その後、ランクアップした時に念願のアビリティを入手してからもそのままパーティーに残っています。

 

ヴェルフは鍛冶師として特別な能力を持っているとのこと。

「魔剣」を鍛錬することができると言われています。

そのため、多くの顧客から魔剣の依頼があったが、ヴェルフは断固として鍛錬しなかった。

魔剣を鍛錬すれば富や名声も得られるのは確実で、ファミリアからは「宝の持ち腐れ」と言われています。

なぜヴェルフはこんなにも魔剣を嫌っているのか。

ヴェルフにとって武器とは、ただの道具でも成り上がる手段でもない。

武器は使い手の半身で、どんな窮地に立たされても武器だけは裏切ってはいけないと考えている。

使い手と共に成長すべきと思っているため、使用者を残して壊れる魔剣を嫌っています

これまで魔剣を求める者達は、強くなるためや名を挙げるため「道具」が欲しいと言われ続け辟易していた。

魔剣の力は強大だが、使用者を腐らせていくのを分かっているからこそヴェルフは魔剣を作らない。

 

ベルを初めて自分の工房に招いた際には、ベルの態度が変わるかを試していた。

ヘスティアが魔剣を作れるという情報を嗅ぎ回っているのを知っていたから。

ベルの態度は変わらないことや、自分の作った装備を求めているため気に入っている。

この時、ベルの持っていたミノタウロスの角で「牛若丸」を作っています。

 

オラリオに来てから、一度だけ魔剣を作ったことがあったようです。

ですが、その時に作った魔剣はヘファイストスに預けて管理されていた。

この魔剣は、アニメ最終話の18階層でゴライアスとの戦闘でみせています。

ヘファイストスがヘスティアに預け、それをヴェルフに手渡されている。

 

本来なら使いたくなかったため躊躇していたが、「意地と仲間を天秤にかけるのはやめなさい」というヘファイストスからの言葉を思い出し覚悟を決めた。

炎の魔法「火月」を放ち、通常の魔法のより強力な威力を見せています。

ヴェルフの才能は、「クロッゾ魔剣」のオリジナルを超える程の性能を誇っている。

 

後にヴェルフは壊れない魔剣を作ることができるようになったようです。

これは、使用者の精神(マインド)を使って攻撃できる。

そのため、使用できるのはベルだけでなく、リリや春姫も戦闘に参加できるようになると思われます。

【ダンまち】ヴェルフのクロッゾ一族の過去について


ヴェルフの家系は、ラキア王国の鍛冶貴族「クロッゾ」

スキルの恩恵により魔剣を作ることができる一族として名が知れ渡っている。

魔剣の威力が優れていたため、クロッゾの魔剣を持っているラキア王国は無敵と言われていた。

 

このスキルは、初代クロッゾが精霊を命がけで助け、精霊の血を分け与えられていたため、

それが子孫に受け継がれて行き、地位を確立させています。

ですが、ラキア王国が魔剣を過剰に使い侵攻したことで、精霊達の怒りにふれ魔剣を作るスキルが無くなった。

なぜかヴェルフには魔剣を作るスキルが発現しており、現在で魔剣を作れるのはヴェルフのみ。

 

ヴェルフは、過去に家族と共にクロッゾの魔剣を超える武器を目標に頑張っていた。

この時までは、ヴェルフも魔剣が作れなかったようです。

しかし、ヴェルフが10歳になりファボスの恩恵を刻まれた時に、魔剣を鍛錬できることが判明する。

それから家族が豹変し、魔剣を強要され始めたため嫌になりラキア王国を出た。

 

その後、剣製都市ゾーリンガムでヘファイストスと出会いオラリオへ。

ファミリアでは、クロッゾということで団員からの嫉妬などでパーティーを組めなかった。

オラリオに来てからも、魔剣を求めるものばかりが近づいて来ることや信念により魔剣を作ろうとしなかったようです。

【ダンまち】ヴェルフの二つ名やファミリアについて


ベルと出会った当初のヴェルフは、レベル1の鍛冶師でした。

18階層での出来事から帰還した後にレベル2にランクアップしています。

後に付けられた二つ名は「不冷(イグニス)」

この由来は、ヴェルフがヘファイストスに「いつか認められる程の武器を作れたら付き合ってほしい」と懇願していたことのようです。

ヴェルフは自分に対して気にかけ続けてくれた恩義以上の感情を抱いています。

ヘファイストスに好意を持っているヴェルフですが、後にヘスティア・ファミリアへと改宗している。

アポロン・ファミリアとの戦争遊戯(ウォーゲーム)の時の出来事。

戦力的に無理のあるベル達の力になるべく、ヘファイストスに話をした。

そこで許しを貰い、ヴェルフはヘスティア・ファミリアに入団します。

最後に


アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のヴェルフについてまとめてみました。

9話から登場し、ベルの専属鍛冶師としてパーティーに加わった。

ランクアップして鍛冶アビリティを獲得した後も一緒に行動する。

また、戦争遊戯ではベルの力になるためにヘスティア・ファミリアへと改宗し、本格的に仲間となっています。

 

クロッゾの家系は魔剣を鍛えることができることで名が知られていた。

ラキア王国の鍛冶貴族でしたが、ある時から魔剣を作れなくなり没落する。

しかし、ヴェルフにそのスキルが発現したことで、家族から金儲けのために強要された。

ラキアを出た後、ヘファイストスと出会いオラリオに来たようです。

 

魔剣は、使用者を残して壊れるため作ろうとしなかった。

自分の信念を貫こうとする姿勢が格好いいし、ヴェルフの考えはその通りだと感じます。

お金のためで無く、買って使う人のことまで想って作っているのが素晴らしい!

いずれヘファイストスと付き合う所を見てみたいですねw

アニメ「ダンまち」1期と2期を無料で何度でも視聴するには?

詳細はこちらの記事から↓

ダンまち2期の見逃し配信を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介