アニメ「ソードアート・オンライン」のアスナが現実世界に戻って来た内容についてまとめています。

SAOがゲームクリアされ、キリトは現実世界へと戻っていた。

しかし、アスナは目覚めることなくナーヴギアは可動したままの状態で入院中。

 

アスナはALOの中で妖精王の妃ティターニアという設定でオベイロン(須郷)により鳥かごで監禁されていた。

キリトはALOでアスナの元に行くため世界樹のグランドクエストを攻略。

鳥かごにいたアスナと出会い、オベイロンを倒してアスナを現実世界へとログアウトさせた。

ここでは、アスナが現実世界に戻った内容や妖精王の妃、鳥かごにいた理由について紹介しています。

ソードアート・オンライン1期のアニメ動画を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介


アスナはいつ現実に戻ってきた?

アスナが現実世界に戻ってきたのはアニメ25話です。

キリトがアスナの入院している病院に向かった。

須郷に絡まれたキリトですが、無事にアスナの病室へたどり着く。

アスナは目覚めており、ようやく現実世界でキリトと出会うことができましたね。

 

アスナがALOから出るまでの内容について紹介します。

キリトはALOの中心にある世界樹のグランドクエストを攻略し、上まで辿り着いた。

しかし、そこは行き止まりになっており、システム管理者によって閉じられていることが判明。

辿り着いてもプレイヤーには開けることが不可能ということ。

 

前にアスナが上から落としたカードキーをユイに読み取らせて解除を試みた。

すると、扉が開き別の場所へと転送される。

 

転送された場所はマップ情報は無いが、アスナが近くにいることがわかった。

ユイの力により最短でアスナの元に向かう。

ようやくキリトとアスナはSAO以来の再開を果たします。

また、久しぶりにユイを含めた3人の親子が揃った

アスナをALOからログアウトさせようとした時、何かの力により動けなくなる。

ユイは消されてしまい、そこに妖精王のオベイロン(須郷)が現れた。

オベイロンは自分がALOを使って実験していることを教える。

この後、アスナがひどい目に合うので少し内容を省略させて下さい。

 

キリトは起き上がり、ID「ヒースクリフ」を使用。

そして監視者権限によりオベイロンのレベルを1に下げた。

オベイロンがシステム権限を使用するが、キリトが使っているIDの方が上のため反応がない。

そして、キリトはオベイロンにエクスキャリバーを渡して一対一の戦いをする。

 

この時、システムコマンドにより「Pain Absober(ペイン・アブソーバ)」をゼロにしています。

ペイン・アブソーバとは、痛み止めという意味がある。

これをゼロにしたことで、ゲームの中で受けた攻撃を現実世界と同じ痛覚で味わうということ。

それにより、現実の身体が傷つくことは無いが、精神的に相当なダメージを与える。

 

キリトはオベイロンを切り、撃破することができた。

そして本当の意味でアスナを救い出すことに成功する。

管理者権限でシステムを操作してアスナを現実世界へログアウトさせた。

その後、キリトも現実世界に戻って直ぐにアスナの病院へと向かう。

アスナが妖精王の妃ティターニア

アスナがSAOがゲームクリアとなった直後、そのままALOの世界へと連れて行かれた。

そこでアスナは管理者である須郷により「妖精王の妃ティターニア」と設定される。

なぜアスナが妖精王の妃ティターニアと設定されたのか。

それは須郷がALOの中で「妖精王オベイロン」という設定になっているからです。

 

現実世界で須郷はアスナの父親の会社の主任を任されている人物。

表向きは好青年を装っているが、内心は自身の野望のことしか考えていない。

ALO運営会社の「レクト・プログレス」を掌握するためにアスナと結婚しようとしていた。

アスナの父親からも評価されていたことで、話がどんどん進んでしまう。

これがアスナをゲーム内に監禁している目的の一つでもあります。

 

また、ゲーム内でアスナと同様にSAOからALOに閉じ込めて実験をしていた。

「人間の感情や思考を意のままにコントロールする方法」の研究。

大学の先輩だった茅場晶彦に対する嫉妬や憎悪による影響でおかしな方向に進んでいったのでしょう。

アスナが鳥かごにいた理由

アスナがALOで鳥かごの中にいたのは、上記でも紹介しているように自分の目的を達成するため監禁。

わざわざ鳥かごに入れて監禁していたのは、自分の「物」だと思っていたからでしょうね。

 

須郷にとってアスナは財産目当てで結婚するということでした。

ただ、アスナ個人にも興味を示していて独占欲もあったようです。

キリトのような「愛している」という感情ではないのは確実でした。

最後にはその欲のせいでキリトに痛い目に合わされているのですけど。

 

アスナを助け出す時、キリトの目の前でその欲を見せつけている。

あまりに歪んだ人格の持ち主で、見ていて不愉快でしたね。

人を自分の思い通りにできると勘違いしてしまったということ。

自分の力を過信して頭を使うべき方向を間違えた残念な研究者

最後に

アニメ「ソードアート・オンライン」のアスナが現実世界に戻って来たことについてまとめてみました。

SAOがクリアされてからアスナは須郷によりALOへと監禁されていた。

キリトが世界樹のグランドクエストをクリアしてアスナが監禁されいる鳥かごへと辿り着く。

そこでオベイロン(須郷)を倒して、アスナは無事に現実世界へと戻りましたね。

 

アスナはALOで妖精王の妃ティターニアと設定されていた。

これは須郷の独占欲と目的を果たすため、現実とゲームでアスナを結婚していると思いたかったのでしょう。

ゲームの世界で監禁しないと近くにいられないからw

 

あの本性を見せた時の須郷は見ていて不愉快極まりない。

アニメを見る時はできる限り見ないように飛ばしてしまいますね!

声優の子安武人さんの声は好きなのですが、須郷というキャラが無理ですw

ソードアート・オンラインのアニメ全25話を無料で見ることができます!

詳細はこちらの記事から↓

ソードアート・オンライン1期のアニメ動画を無料で視聴する方法!おすすめの動画配信サービスを紹介